>  > 顔面に巨大腫瘍を持つ3歳の少年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

インドネシア

,

巨大腫瘍

,

澤田真一

【インドネシアと日本を行き来するライターが送る、魔都ジャカルタシリーズ】

 イスラム教徒が国民の大多数を占めるインドネシアには、「断食月(ラマダン)」というものがある。6月18日から1カ月間、この時期の市民は自らの信じる宗教や神に対して、より敬虔になる。

 そんな折、ジョグジャカルタ州に住むひとりの男の子の名前がインドネシア中に知れ渡った。彼の名はアビユ・ダッファくん(3)。そのダッファくんの写真が、ここにある。

ganmen-1.jpg
ダッファくんを報じた記事「Tribun Jogja

 注目すべきは、仰向けになっているダッファくんの左目だ。これは何だ? スポンジのような黒い塊がくっついている。これは悪性の癌腫瘍だ。

 ダッファくんの顔を正面から撮った写真もある。腫瘍はもはや顔半分を覆い、その痛々さがこちらにもよく伝わってくる。

 インドネシアでは、時折こうした重い病を抱える子どもの写真がSNSに流れ、その度に激励や寄付が相次ぐ。だが今回はそうした善意もむなしく、ダッファくんは7月3日に息を引き取った。


■手術を諦め漢方薬を購入

 ところでダッファくんの父親は彼が亡くなる直前、現地全国紙コンパスのインタビューにこのようなことを言っていた。

「私の息子は、すでに何度も入退院を繰り返しています。ですが、それが彼のトラウマになってしまったようで、医師の診察の際にも暴れるようになりました。ですから我々家族は、病院での診察よりも息子に漢方薬を飲ませる選択をしたのです」

 ダッファくんの両親は土地の権利書を質に入れ、現地価格で120万ルピア(約1万円)の日本産漢方薬を購入したという。

 しかし、ここで「なぜダッファくんに手術を受けさせなかったんだ」と考えるのはナンセンスだ。インドネシアの国民皆保険制度は、今年になってからジャワ島の大都市でようやく実施され始めた段階。農村部の市民は、未だ保険証を手にしていない。彼らは漢方薬に頼るしかないのである。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年7月26日 04:04 | 返信

なんか「日本の」漢方薬ってわざわざ書くところに悪意を感じるんだけど。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。