>  >  > パリ人肉事件・殺人犯が主演を務めた映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!


【今回の映画『喰べたい。』】

「少年A」の手記『絶歌』のモラルが問われる昨今ではあるが、かつて猟奇殺人事件の加害者が、著書を発表しただけに止まらず、事件の映像化作品で主演を務めるという、考えられない出来事があった。

5159FPWYX3L.jpg
霧の中』彩流社

・パリ人肉事件

 1981年、日本人留学生がパリ市警に逮捕され、その犯行内容に世間は震撼した。ソルボンヌにあるパリ第3大学大学院生の留学生・佐川一政(当時32歳)は、自室で同大学のオランダ人女性留学生(当時25歳)を背後から小銃で射殺。屍姦のあと解体して写真を撮り、死体の一部を食べた。俗に言う「パリ人肉事件」だ。そして犯人の容姿が、とても殺人など犯せるようには見えない小柄だったことも、フランス国民に衝撃を与えた(事件当時、身長152センチ、体重35キロ)。

 佐川の手記『霧の中』(彩流社)はベストセラーとなり、私の知る限り、事件は2本映画化された。

 まず1989年にイタリアで制作された『愛のかたち』。これは佐川とは程遠い容姿のハンサム俳優(しかも白人)が主役。猟奇テイストも軽い不毛の駄作だった。


■『喰べたい。』あらすじ

tabetai1.jpg
画像は、『喰べたい。』VHS/監督・山地昇(1994年)

 問題なのは1994年に制作された『喰べたい。』。こちらは佐川本人が自ら出演し、脚本も手掛け(監督と共同執筆)、ホンバンにも挑戦した、事件を脚色したセミドキュメンタリーだ。

 冒頭、佐川の幼少時に叔父が撮影したモノクロの自主映画が流れる。佐川が小学生の頃、誘拐した幼児を鍋で煮込んで食べる魔法使いの話を叔父から何度も聞かされていた。このフィルムはその映像化で、佐川の食人嗜好のルーツとなったのだ。

 さて本編に入る前、メイキング映像が映し出される。佐川の相手役に選ばれたレイチェルは終始不機嫌で、佐川と視線を合わせない。そして撮影中に突然部屋から出て、トイレに籠城し嘔吐する。通訳が「顔が怖い」「触れるとゾッとする」とトイレのドア越しに通訳する。レイチェルは本物の殺人犯を目の当たりにしてショックを受けたのだ。監督も「佐川君も緊張しているから、そんな顔になっちゃっている」(笑)と必死にフォローする。

コメント

7:匿名2016年2月22日 22:53 | 返信

この人はある意味ラッキーなの。事件を外国で起こし被害者も日本人ではないことが、日本でどこか物珍しい奇人変人で面白がられてる理由の一つ。この歳になってもAV紛いの作品に自虐宜しくで出る惨めさったらないねー

GOTHに傾倒する人間から見れば本人の口から全てを聞けるから貴重な存在でもある。

6:オバチャン2015年7月29日 00:09 | 返信

こんな映画あるんだねぇ。
「絶歌」は小説であれだけ批判されてるけど、この映画はOKなの??
どっちも人殺しだけど。
あと安いとか安くないとか感情に値段が付いてるのは気持ち悪いね。
でも、素直に感情を表現する自由は誰にでもあるから仕方ないのかな?
一番怖いのは感情も考えも何も言えなくなることと思ってるので
好きにやってください。

5:パニッシャー2015年7月27日 21:29 | 返信

>>4

疲れます。
人の持つ醜い部分を見る度に。
でも自分達にも同じような暗い部分がある以上、それに目をつぶる、心に蓋をするような事はしたくないのです。
感情移入する、共感する、思いやる...
そういった事こそ、人の持つ光明だと思うのです。
無頓着、無感覚になっていく方がよほど恐ろしい。
私のような考えが“安い”なら、貴方にとって“安くない”考えとは何ですか?

4:匿名2015年7月27日 02:24 | 返信

いちいち感情移入するの疲れないのか?
2の人。
そんなん言ったら、娘奪われてどっかの国へ拉致されたとか、もっと酷い殺され方してる人もいるだろ。
自分の感情をおいほれと他人へ売り渡すほど安い人なのだね。

3:匿名2015年7月27日 02:19 | 返信

所謂「正論」は誰でも言える。

2:パニッシャー2015年7月26日 00:52 | 返信

被害者の遺族の方は知らないのだろうか?
こいつがのうのうと行き長らえて、こんなカスみたいな事してることを。
正直、この佐川一政というモノに対しては直接関係が無くとも破壊衝動を禁じ得ない。
おそらく見掛けてしまったら、一発殴るどころでは納まらないだろう。
私にも娘がいるが、あのように謂れもなく殺され喰われたら、どこまででも追っていき、出来うる限りの方法でなぶり殺す。
被害女性の遺族に復讐・私刑を果たさせたい。
天野氏も文末で疑問を呈しておられるが、法治国家の皮肉な不条理を痛切に感じる。
普段あまり自他の国籍など意識しないが、こればかりは日本人として非常に申し訳ない気持ちで一杯になる。

佐川一政、お前はこの世に生を受けてはいけなかった。
私のような無神論者でも、お前の為には地獄というものが用意されていればと本気で思う。

1:匿名2015年7月25日 23:41 | 返信

人間の屑を代表してる人だよね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?