>  >  > 日本うんこ学会開発のアプリ「うんコレ」の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

unkore.jpg
排便記録アプリ「うんコレ」は、大腸がんの検診普及と毎日の排便観察をスマホゲームだ(「うんコレ」公式HPより

日本うんこ学会......? ウ〜ン......?

 初耳の人が多いかもしれない。日本うんこ学会のHPを見ると、その理念をはっきりと高らかに唱っている。

①正しいうんこの知識を普及させ、大腸の健康度の向上をめざす。
②「先生、うんこに行ってきます!」が自然と言える社会を目めざす。

 ウ〜ン! では、どんな活動をしているのだろう。

「うんコレ」で、大腸がんを予防しよう!

 平成15年度の厚労省のデータによれば、1万人が検便をすると17人に大腸がんが見つかる。検診率は30%にも満たないので、実数は数倍になるだろう。日本で年間約4万人が死亡する大腸がん。血便が出る、便が細い、下痢と便秘を繰り返す、残便感がある。そんな症状があれば、早急に検診を受けるべきだ。

 しかし、従来の検診の普及活動は、北風と太陽にたとえると、北風作戦だった。つまり、大腸がんに罹る恐ろしさを伝え、恐怖心に訴えてきた。日本うんこ学会は、「うんこを報告することが楽しい!」と感じる太陽作戦による検診普及をめざしている。そのゴールは、大腸の検診率を上げ、大腸がんの早期予防を実現すること。そのために必要な、うんこ観察のハードルを下げることが最大の目標だ。

「うんコレ」って何?

 排便記録アプリ「うんコレ」は、大腸がんの検診普及と毎日の排便観察を目的としたスマホゲームだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。