>  >  > 豊臣秀吉の死因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

toyotomihideyoshi.jpg
豊臣秀吉は1598年8月18日、享年62で亡くなった


 戦国時代、天下統一に導いた3人の戦国大名を三英傑という。織田信長(1534年〜1582年)、豊臣秀吉(1537年〜1598年)、徳川家康(1542年〜1616年)だ。江戸後期の肥前国平戸藩大名、松浦静山は随筆集『甲子夜話(かつしやわ)』に、三英傑にまつわる有名な三句を残した。

 「鳴かぬなら殺してしまえ時鳥(ほととぎす)」――。高飛車で強引な印象の信長だが、がまん強い努力家でもあった。10代の頃、大うつけ(ばかもの)と罵られながらも耐え忍び、寝食を忘れるほど長い槍を作ることに没頭。新戦法を編み出したアイデアマンだった。

 「鳴かぬなら鳴かせてみよう時鳥(ほととぎす)」――。積極性や進取の気性が強烈な秀吉だが、常に計算高く、人たらしに長けた人だった。美濃を攻略した時、秀吉は敵の武将を味方につける。信長は武将を殺せと命じる。だが、秀吉は武将に「すぐに逃げられよ」といい、自ら刀を捨て、万一の時は自分を人質にと申し出る。武将は感激して逃げる。権謀術数で味方に取り込む人の良さ、度量の大きさ、人たらしの巧みさは、人の心理を読む秀吉ならではの面目躍如を思わせる。

 「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥(ほととぎす)」――。がまん強い性格に見える家康だが、挑発に乗って大敗した戦いぶりや血筋から見ても、短気質だったかもしれない。だが、じっくり時間をかけて忠誠心の強い部下を育てる、先見の明を備えた戦略家だった。

 三英傑の死も三人三様。信長は暗殺、家康は天ぷらの食べ過ぎか胃がん。では、秀吉の最後は?

脚気か?脳梅毒か?大腸がんか?毒殺か?

 1598年7月、自分の死が近いことを悟った秀吉は、家康、前田利家、毛利輝元、上杉景勝、宇喜多秀家に宛てて遺言を送る。「返すがえすも秀頼のこと頼み申し候。五人の衆頼み申し候。委細五人の者に申しわたし候。名残惜しく候。以上」。息子・秀頼の行く末を案じる秀吉。家康に秀頼の後見人になるように依頼する。「露と落ち 露と消へにし わが身かな 浪速(なにわ)のことは 夢のまた夢」。辞世の句と伝わる言葉尻にも、無念の思いが滲む。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。