>  >  > 11年間、ずっと殺人鬼だった男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

日本怪事件

,

殺人

,

深笛義也

,

連続殺人鬼

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】をノンフィクションライターが隔週で紹介する…!

8601544778_1898a07b1b_z (1).jpg
画像は、flickrより No known copyright restrictions

 日本で日々起きる殺人事件の数は、1日で平均2~3件だという。これまで日本を騒がせた殺人事件は多数あるが、その中でも最も凶悪な殺人犯は誰か? そう問われたとき、浮かぶ名前はさまざまだろう。だが、冷徹さや狡猾さを基準に選ぶならば「私たちはその名を知らない」ということになる。最大の凶悪犯は、逮捕されていないからだ。

 79年以降、足利市や隣接する群馬県太田市で、4人の幼女が殺害され、ひとりが行方不明になった足利事件は日本で起きた最も凶悪な事件のひとつといっていいだろう。わいせつ目的の誘拐・殺人事件の犯人とされていた菅家利和元服役囚は、新たなDNA鑑定で無罪の判決を得た。これは日本テレビの清水潔記者が、一連の事件を追う中で立証された。清水記者は当初の捜査資料と独自の取材によって真犯人を特定したが、いまだ逮捕に至っていない。つまり真犯人は凶悪な犯罪を犯しながら17年にわたってなんの罰も受けず、のうのうと暮らしているのだ。

 犯人が逮捕されていない事件ならば、佐賀女性連続殺人事件も挙げられる。1975年から1989年までの14年間で、佐賀県北方町、白石町、北茂安町、武雄市の半径20キロの範囲で7人の女性が殺害された事件だ。

 では、逮捕された中で凶悪なのは誰か……?


■11年間で8人を殺害した男の異常さ

 最も凶悪な殺人犯として私が挙げたいのは、勝田清孝だ。「そんな奴は知らん、もっと有名な殺人者がいるじゃないか」という声が聞こえてきそうだが、通常、連続殺人というものは数カ月から、せいぜい1年あまりの間に行われる。たとえば、小平義雄は、439日の間に7人の女性を殺害した。宮崎勤は、288日の間に4人の女児を殺害。西口彰は、49日間で旅館経営者など5人を殺害。日高広明は、46日間に4人の女性を殺害。永山則夫は25日間にガードマンら4人を殺害。古谷惣吉は、43日間に8人の老人を殺害。大久保清は、40日間に8人の女性を殺害。それぞれの事件で痕跡を残しながら、捜査の手が伸びてくる間に、殺人を行った。

 それに対し、この男、勝田清孝は11年間も殺人を続け、8人を殺めたのだ。この奇怪さたるや、恐ろしいものがあると思わないか。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年7月31日 04:14 | 返信

この人は殺人犯した後にテレビの素人参加番組に出てましたね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?