>  > エンブレム原案公開で佐野の嘘が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
genan_150830.jpg
28日に公開された原案と最終案(YouTube「ANNnewsCH」より)


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 東京五輪エンブレム問題は、あがけばあがくほど、泥沼にはまりこんでいくようだ。

 28日、大会組織委員会が記者会見を開き、佐野研二郎氏が最初に提出したという原案を公表した。組織委によると、コンペで104点の中から選ばれたのは、この原案だったが、商標登録に向けて世界中の商標を調べたところ、海外の企業の商標と類似点があったため、佐野氏に作品の修正を依頼。2回の修正を経て、現在の最終案ができあがったのだという。

 つまり、組織委はこの原案を提示することで、「リエージュのマークにはまったくない特徴がいくつもあるから、オリジナルだ」と弁明したというわけだ。

 たしかに、組織委の公開した原案はリエージュのマークとはまったくちがうものだ。そもそもLに見える右下のセリフ(文字のハネ)がなく、逆に右上に現在のエンブレムにないセリフがある。アルファベットのTそのままの形をしている。そして、セリフの内側は現行の曲線とはちがい直線で、三角形になっており、赤い丸も向かって右上ではなく、右下にある。

 しかし、だからといって、リエージュ側の弁護士が言っているように、これはパクリではないという証明にはならない。なぜなら、この原案はリエージュのロゴともちがうが、現在の東京五輪エンブレムとも色以外はまったくちがうものだからだ。微修正なら説得力もあったかもしれないが、ここまで別物に変わっていると、修正の過程でリエージュを参考にした可能性は排除できないだろう。

 しかも、この原案公開は新たな疑惑を生じさせることになった。それは、佐野氏と組織委が説明していたデザインの「コンセプト」が真っ赤な嘘だった、という問題だ。

 佐野氏と組織委はまず、エンブレム発表時、セリフ(ハネ)の内側の曲線をつなげると円になることを強調し、それが1964年に亀倉雄策氏がつくった東京五輪のエンブレムを継承するもので、「すべてを包む大きな円はインクルーシブな世界を象徴する」と説明。さらに日の丸のような右上の小さな赤い丸を「ハートの鼓動」を表す、としていた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。