>  > 『家畜人ヤプー』全権代理人・康芳夫が遂に映画化計画を激白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
『家畜人ヤプー』全権代理人・康芳夫が遂に映画化計画を激白!『永遠の0』『絶歌』にも物申す!!

【国際暗黒プロデューサー康芳夫 インタビューシリーズ 第6回/全6回】  さて、康芳夫という稀代の“虚業家”がかつての日本を翻弄してきたのはこれまでの対話からも容易にわかるだろう。  しかし、長年のブランクをうち破った康芳夫は、中島哲也監督作の映画『渇き』で、77歳にして俳優デビュー。メルマガ『家畜人ヤプー通信』の発行人として、再び表舞台に上がり始めている。小説現代の連載名物コラム「酒中日...

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...