>  >  > 【実話】ヤクザの元組長と釣りの話をしていたら…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ヤクザ

,

死体

ThinkstockPhotos-178508863.jpg

 警察庁は7月末、2015年版「警察白書」を公表した。

 昨年末の暴力団構成員と準構成員は約5万3500人。2005年には約8万6300人だった。わずか10年で約3万人も減少したわけだ。暴対法や暴力団排除条例により、「ヤクザをやっていては損」とばかりに組から離脱し、マフィア化している面もあるが、数字としては減っている。


■ヤクザの元組長とイシダイ釣りの話で盛り上がり……

 そんなヤクザの親分には釣り好きが多い。そこらの川でのヘラブナ釣りにはじまり、清流に遠征してのアユ、クルーザーでのマグロの一本釣りなどなど。中でも、筆者が元組長から聞いて、印象的だったのはイシダイ釣りの話だ。

 イシダイは磯の王者と言われる。磯とは海岸近くで岩石の多い場所。だいたい船で10分から20分ほど渡った岩場がイシダイの釣り場になる。そんな釣り場になる岩場はひとつの海岸に数十から数百ある。

 その岩場に住み着いた大型イシダイは、ひとつの岩場に縄張りを持つことで、エサを独占し、巨大化する。そして、頭がよく、なかなか釣り針に掛からない。

 元組長は「釣り好きなヤクザは多いし、親分同士どんだけでかいのを釣ったのかってことで遊び人のステータスが決まる。で、大型イシダイがいるって情報が入ったら、毎日若い衆をその岩場に行かせ、親分が釣りをできる日まで場所取りをさせるんだ。ほかの釣り人に釣られたら、おしまいだからな。若い衆は雨の日も風の日も、海のど真ん中の岩場の上に1人で1日中、場所取りするわけなんだけど、これってのはかなり孤独だぞ。いざ絶好の釣りの天気になったら、親分がいよいよイシダイ釣りをするってわけだが、その日に釣れなきゃ、また釣れるまで場所取り」と語る。

 まさか、ヤクザとあろう人々が、親分のために毎日、桜の花見のような場所取りをしているとは……。

「イシダイが磯に住み着いている理由は、食べるのがウニ、アワビ、サザエ、ヤドカリ、カニという高級食材ばかりなんだが、それゆえに、イシダイ釣りをするためには、ウニやアワビ、サザエを生きたままハンマーでつぶしたものをマキエにするわけだ。つまり、1日で20万円はかかるということだ。しかも、間違えてハンマーで指を叩いたり、ウニやアワビの殻で切ってしまったりで、指が傷だらけになってしまうこともある。でも、手が傷ついたら、強烈な引きのイシダイと戦えない。だから、マキエは竿を持つ人自体はやらない。つまり、竿を持つのが親分、マキエは若い衆の仕事。こんな大名のような釣りはヤクザの親分にしかできないだろうな」(同)

 さらにすごい話もある。渡船は一度客を岩場に渡すと、客が指定した時間まで来ない。その間、誰もその客を見ていないわけだ。そしてほかの回ってる漁船なども岩場でハンマーで何かを打っている人を見ても、「あっ、また釣り人か」と気にすることはない。

「あくまで冗談だが」として元組長はこう語る。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?