>  >  > 思わず吹く! 面白すぎるUFO体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
HighStrangeness.jpg

 アメリカのジョゼフ・アレン・ハイネックは、「UFO界のガリレオ」とも呼ばれた高名な天文学者で、数々のUFO事例を自ら調査し、その科学的研究を体系化した。「デイライト・ディスク」、「ノクターナル・ライト」、「接近遭遇」など、多くの類型を定め、分類したのもハイネックである。

 このようにハイネックが提唱した用語のひとつに、「ハイ・ストレンジネス」というものがある。これは、UFO事例を分類する際の指標として、事例発生の確実さをP値(Probability)、事例の異常性をS値(Strangeness)として評価したことに基づくもので、「ハイ・ストレンジネス事例」とは、その名の通り“とてつもなく奇妙な内容を含む”ケースのことを指す。こうした「ハイ・ストレンジネス事例」の特徴としてイギリスのマイク・ダッシュは、「本質的な非論理性、夢のようなイメージ、描写されたどおりのできごとが起こった可能性の低さを特徴とする報告例」と説明した。要するに、「現実ではありえない、まるで白昼夢のような事例」ということである。「ハイ・ストレンジネス事例」では、しばしば奇妙で非現実的な形態の宇宙人らしき存在が登場し、その行動も理解に苦しむ内容が多い。今回は前編と後編に分けて、それらを一挙紹介しよう。


1. パシエンシア事件

 1977年9月15日午前2時20分頃、ブラジルのパシエンシアでバス運転手のアントニオ・ラ・ルビアがアブダクションされた事件。このときアントニオを拉致した宇宙人は身長1.2mくらい。脚は1本だけで、両腕は象の鼻のような棒状、かつ掌も指もなかった。

 最初アントニオは、直径60m以上あるUFOを目撃して逃げようとしたのだが、青い光線を浴びせられて身体が麻痺してしまい、UFOの中に連れこまれた。そして彼は、延々と奇妙な映像を見せられた。映像は、服を着たアントニオや彼の裸の写真、田舎道を行く荷馬車、通行量の多い大通り、など雑多な内容であったが、宇宙人に襲いかかろうとする犬が反撃され、青くなって溶けてしまうという恐怖映像もあった。さらにUFO製造工場や、何百万体ものロボットの映像も見たという。その間、彼は指から採血され、のちに解放されたが、以後1カ月は吐き気や下痢、そして高熱に苦しみ、体が熱くチクチクする感覚にも襲われ働けなかったという。

 ちなみに、登場した宇宙人の形状はまったく異なるが、1983年にフランスのソスベルで起きた事件でも、宇宙人は目撃者に地球で起きた戦争の映像を延々と見せている。

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。