>  > 石原慎太郎、福田赳夫…なぜネッシー追った?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【国際暗黒プロデューサー康芳夫 インタビューシリーズ 第4回/全6回】

IMG_1498-2.jpg

 康芳夫は、本サイトのメインテーマのひとつである“オカルト”の分野においても、先駆者であった。

「オカルトいうものはね、立花隆くんの『臨死体験』ってわかる? 実は彼もオカルトの信奉者なんだよ。あまりおおっぴらに言わないだけで、あれはギリギリのところを突いている。彼の臨死体験をオカルトと言うかどうかで判断が分かれるよね。僕が思うに、別にオカルトが悪いってことは全然ないんですよ。干からびた市民社会の潤滑油になってると思いますしね。全然オカルトの連中をおかしいだなんて思ってことは一度もない。ただ、商売に利用してる人たちはいる。そいつらは、もう下等だよね」

そういいながら多くのオカルト仕事を残している康芳夫。代表的なオカルトワークといえば、1973年に石原慎太郎前東京都知事を隊長に結成された、国際ネッシー探検隊であろう。


■石原慎太郎とネッシーを探して

whyte-version.jpg
画像は、1951年/ラクアン・スチュアートによって撮影されたネッシー写真

「慎太郎さんも先日脳梗塞で倒れちゃいましたね。僕はブログに“もう一回ネッシー行こうよ”って書いておきましたけど、あの企画をやっていたのは彼が40歳、僕が35歳の頃だったからね。知り合ったのは大学時代だったけど、彼は芥川賞獲った頃だったな、まだ石原裕次郎の“い”の字も出てこなかった頃(笑)。もちろん慎太郎は一躍有名になってました。彼とはいろいろケンカしたり大変だったけど、50年来の仲ですよね」

関連キーワード

SM
UMA

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。