>  >  > 昭和の遊郭を描いたマンガがすごい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
oyanarumonodangai_01_150803.jpg
“醜女バナー”からは想像できない美麗な表紙(新装版『親なるもの 断崖』第1部/宙出版)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 スマホでネット巡回中、こんなマンガの広告バナーに何度も遭遇した経験はないだろうか?

〈自ら女郎に下った醜女の幼馴染〉〈たった25円で売られた友達〉

 まず目を引くのは、独特のデフォルメをされた醜女の少女(?)が慟哭しているコマ。

「おらもきれいなベベ着て男とりてえ!!」

 うわっ、となるのも束の間、画像が切り替わる。すると今度は、ボロボロのゴザを身体に巻いた先の醜女が、まるで菩薩のような笑みを浮かべていて、画面全体で何らかの“事後”だという不穏な感じを訴えかけてくる。

〈あの子の廊は 地獄だ〉

 一体どんなヤバい話なんだ!? ううむ、気になる!! でも……この手のマンガ広告のほとんどは、エロかったりグロかったり、こう言ってはナンだが、ちょっと下世話なイメージ。内心ものすごく興味はあるけれども、なんとなくリンクを踏むのははばかられる。さらに、何故かこの手の広告に出くわすのはいつも満員電車など衆人環視のシチュエーションだったりして、なおさら手を出しづらい。

 というわけで、しばらくスルーしていたのだが、日々のインターネッツライフで醜女とのエンカウント率は高まる一方。そんなとき、たまたま寄った書店であのコマのPOPとともに紙の単行本が平積みされているのを発見。ついに意を決し全編を読んでみた。

 結論からいえば──このマンガ、『親なるもの 断崖』(曽根富美子/宙出版)は本当に素晴らしい作品だった! 内容は、北海道の遊郭に売られた少女たちが、戦前~戦後という激動の時代に翻弄されながらも強く生き抜いていく姿を描いた人間ドラマ。物語展開も描写も、バナーから勝手に想像したものの比ではない辛さ・重さだが、しかし読者にページを次々とめくらせるような力がみなぎっているのである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。