>  > ネパールの「腎臓村」 と貧困

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:, 清水ミロ, 腎臓村, 臓器売買
ネパールの「腎臓村」 ー 村人の多くが腎臓を売却、悪夢のような貧困の実態!

 私たち人間の身体は繊細で脆く、時に大きなケガを負ったり病に倒れることもある。特に内臓疾患や、事故による内臓損傷では命を落とすことも少なくない。幸い現代医学の進歩により内臓移植も珍しくない時代となったが、移植手術に使われる内臓がどこからやって来るのかご存知だろうか? 家族のために自らが大きな犠牲を払う人たちの実情を7月22日付の「Oddity Central」が報じている。 ■「腎臓村」と...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...