>  > 中国・恐怖の殺人エスカレーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

escalator-3`.jpg
北京で起こったエスカレーター事故の現場。通勤ラッシュ時だったら被害はさらに大きくなっていたと予想されている
  【日刊サイゾーより】

 7月26日、湖北省荊州市のデパートでエスカレーターの踏み板が突然落下し、30歳の女性が中に巻き込まれて死亡するという事件が発生。“吃人電梯(食人エスカレーター)”と話題になり、中国全土を震撼させた。

 デパートの6階から7階に上がるエスカレーターに乗っていた母子が、7階に着いてエスカレーターから降りようとしたところ、下の踏み板が突然落下し、母親の半身が落下。抱きかかえていた子どもはなんとか無傷で床の向こう側に押し出したが、母親の体はそのままのみ込まれるように穴の中に沈んでいってしまった。母親は4時間後に救出されたが、すでに亡くなっていた。

escalator-1`.jpg
踏み板が外れ、母親が下に落ちそうになった瞬間。手前で見ていた女性職員たちは、なすすべもなく見ているだけだった

 防犯カメラが捉えていた衝撃の映像は、中国のみならず日本でも大きく報道された。

 同じ防犯カメラは、事故発生の数分前、デパートの女性職員2人が同じ場所で危うく下に落ちそうになる映像もとらえており、異常が確認されていたことが明らかになっている。

 しかし彼女たちは、エスカレーターを緊急停止することもなく、被害に遭った母子がエレベーターを上ってきてしまった。彼女たちは母子に向かって「ここは危ないですよ」と声をかけたが、何が危ないのか知る由もない母親は子どもを抱きかかえてエレベーターから降りてきて、事故が発生した。

 異常に気づいた時点でエスカレーターを止めていれば、この惨劇は避けられていたわけだが、この女性職員たちは、エスカレーターに緊急停止ボタンなどというものが存在することすら知らなかったという。

 この事故の翌日には、広西チワン族自治区梧州市のデパートで、1歳の男の子がエスカレーターに左腕を巻き込まれて大ケガを負うという事故も起こっている。こちらはエスカレーターの故障が原因ではなかったが、連日の大惨事に市民たちは恐怖し、中には怖くてエスカレーターに乗れず、階段を使う人も増えているという。

 中国では過去にも、エスカレーターの故障による大きな事故が何度か起きている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。