>  >  > “人間の業”について深く考える森進一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

森進一

,

演歌

,

紅白

morisin.jpg
画像は『あるがままに生きる』(ビクターエンタテインメント)より

 6日発売の「女性セブン」(小学館)が、森進一(67)と28才年下のOL女性(39)との真剣交際について報じている。

 記事によると、森のお相手は一般の女性で、2人は知人のホームパーティーで出会い、森が連絡先を聞いてアタックしたことで恋が実ったそうだ。交際はおよそ2年近く続いているという。

 森の年齢差をものともしない魅力とはなんだろうか? 音楽業界関係者に話を聞いた。

「森さんというと演歌歌手のイメージがありますが、フォークソング調の曲も歌いこなすなど、歌手としての実力は相当高い。ヒット曲も『おふくろさん』『冬のリヴィエラ』など数知れず、業界では超大御所という扱いです。それだけに、ステータスや資金力が女性にとって魅力的だったのではないでしょうか」(音楽プロデューサー)

 大御所とあれば、たとえふた回り年下の女性であっても簡単に射止めてしまうのだろうか。しかし、不動の地位を得ても良いことだけではないという。

「森さんは元妻の森昌子さんと05年に離婚しました。その理由は外で大御所扱いを受ける森さんが家庭でも、自分が一番偉いという横柄な振る舞いをしていたからだとか……。それで昌子さんは嫌気が差して、家を出たと聞いているので、その点の不安を指摘する人はいますね。また別れた後、森さんは長い間自宅で孤独な生活を送っていたようですよ。現在は交際している年下の女性が代わりに身の上の世話をしているようですが」(前出同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。