>  >  > 火星で何本もの足が生えた“何か”を発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

NASA

,

SETI

,

エイリアン

,

キュリオシティ

,

火星

 これまで何度もお伝えしてきたが、火星では「オバマ大統領の顔」「宇宙船」「レーザー銃」「古文書」「小さいおじさん」……などなど、常識では考えられないような物体が発見されている。それらの存在は、NASAが公式に発表した画像から確認することができるが、全世界の宇宙愛好家たちの血の滲むような努力の末、またも驚くべき発見がなされたようだ。

facehugger.jpg
オリジナル画像 「NASA」より引用

 こちらの画像をご覧いただこう。これは火星で1人孤独なミッションを続ける無人探査機「キュリオシティ」が先月撮影したものだ。一見すると何の変哲もない赤茶けた火星の大地を捉えた写真のように見えるが、右下部分にじっくり注目してほしい。岩陰に、何本もの足が生えた“何か”が写り込んでいるのだ!

facehugger_2.jpg
拡大画像 「NASA」より引用

 まるでカニのような姿だが、火星に地球の生物である甲殻類が生息しているはずはない。では一体これは何なのか? 現在、世界の宇宙・UFO愛好家の間では活発な議論が交わされているようだ。彼らの多くは、このカニに似た“何か”が映画『エイリアン』に登場するエイリアンの幼生「フェイスハガー」に酷似していると指摘、生きているのではないかと考える者もいるようだ。ちなみに「フェイスハガー」は、人間の顔面を覆うように寄生する恐ろしいエイリアンだ。

 今月5日付の英紙「METRO」によると、地球外知的文明を発見する国際的プロジェクト「SETI」のディレクターであるセス・ショスタック氏は、これは一種の「パレイドリア効果」によるものだと語っている。「パレイドリア効果」とは、雲や“しみ”の形などランダムな視覚情報に触れたとき、自分の知っている形を見出そうとしてしまう心理的作用のこと。

 しかし今回発見された物体は、どう見ても有機的な生物のように見えてしまう。そもそも単なる風化で、このように岩が削れることなどあるのだろうか。やはり、UFO研究家のスコット・ウェアリング氏が常々訴えているように、「NASAは火星の真実を私たちに伝えようとしていない」のではないか……!? 謎は深まるばかりである。


参考:「NASA」、「METRO」、ほか

関連キーワード

NASA
SETI

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。