>  >  > 矢口真里の巨大化が止まらない!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

激太り

,

矢口真里

0807yaguti_main.jpg
※イメージ画像:『ちっちゃい矢口真里のでっかいあなたに会いに行くのだ!!』(集英社)

 長らくの謹慎から芸能界に復帰し、活動している矢口真里が、激太りしてしまったと話題になっている。

 矢口は、8月13日からサービス開始予定のPC用ブラウザゲームの発表イベントに出席。ゲームに登場するキャラクターのひとりの声優を務めていることもあり、この日はそのキャラクターのコスプレをして登場した。矢口は初めてのコスプレ体験に「32歳でまさかコスプレするとは……」と困惑していたが、「この衣装を持ち帰ってハロウィンで着たい」と満足気に話した。

 また実際のゲームキャラクターの衣装はへそ出しルックだったが、この日の矢口の衣装はお腹を見せない仕様になっていた。このことを取材陣に突っ込まれると、「矢口仕様にしていただきました。まだお腹を出せる状態ではない」と話し、出せない理由を追求されると「2段か3段…」と暗に太ったことを示唆した。

 この彼女のコスプレ姿に対し、「キャラクターと違いすぎる」、「せめてダイエットしろ」、など散々な意見がネット上で散見された。

「身体全体に肉が付き、顔もパンパンに膨れ上がっていますね。また衣装サイズがまったく合っておらず、ニーソックスからも太ももがはちきれんばかりになっています。衣装作成前に採寸しなかったのか不思議でしょうがない」(芸能ライター)

 激太り疑惑が浮上した矢口は、過去に自宅謹慎していた際、「女性自身」(光文社)に激太りし、二重あごになっている姿を写真に撮られ掲載されたこともあった。

「謹慎時は、母親が2日間で少なくとも合計3.6リットルの酒を矢口のマンションに持ち込み、また近所の精肉店で購入したA5ランクの近江牛を食べていたなどと報じられました。ストレスをためこむと、暴飲暴食に走るタイプの可能性が高いですね。復帰してからは“不倫キャラ”としていじられ、自身も『男の人はすごい好きです』『ヒモ男が好き』などと、開き直るような発言を連発していますが、本心ではないはず。そのキャラを演じることに対し、相当心労がたまっているのではないでしょうか」(前出・同)

 ゲームのイベントでは決め台詞の「セクシービーム」も披露していたが、今の彼女の姿に悩殺される男性はあまりいないだろう。
(文=田所剛)

関連キーワード

コメント

1:べいべー。2015年8月11日 13:31 | 返信

確かに…最近 彼女は太ってきている。
それをむしろ、自分は手放しで喜んでいます。

やせた女性こそ美しいと信じて疑わない方々へ物申したい。
そう思うのは個人の自由だけど、その思想を人に押し付けてんじゃねぇーーーっ!

「今の彼女の姿に悩殺される男性はあまりいないだろう」
あまりいなくてもちゃんといるんだよっ!

「せめてダイエットしろ」
そんなもったいないことさすなっ!

ぽっちゃりは偉大ですよ。
我々のような“肉食”な人間からするとお肉こそが生きる糧になるんです。

このせちがらい世の中で、厳しい競争社会を生き抜いていくのは実に大変なことです。
そんなときに心の傷をほっこりと癒してくれるオアシス…それがお肉!!

二の腕・おなか・太もも・おしり…。
タイトな服からほんのり溢れ出るお肉がたまりません。

かの大事マンブラザーズバンドも謳っています。
「負けないこと 投げ出さないこと 逃げ出さないこと ぽっちゃりしていること~~~それが一番大事」と…。

「贅肉」は「贅沢なお肉」と書きます。
そう、あのはみ出た部分は我々にとって贅沢の極みなんです。

さぁ今こそ立ち上がるべきとき!
ムダ肉礼賛!贅肉万歳!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。