>  >  > 出産後にモデルや女優が素早く復帰しないといけないワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

CM

,

ギャラ

,

出産

,

吉沢ひかる

,

芸能界

0810yamada_main.jpg
※イメージ画像:『GINGER 2014年8月号』

 ここ数年、芸能人の妊娠や出産にまつわるニュースがメディアを賑わせている。先日は森三中の大島美幸の出産が報じられ、また菅野美穂に上戸彩、国仲涼子などはこれから出産を迎える。

 少子化が叫ばれる中で芸能界のベビーブームは喜ばしいことだが、これまでの芸能人の出産を振り返ると、出産後すぐに表舞台に復帰する芸能人が多いことに気づく。小栗旬との間に第1子を産んだ山田優は出産から約2カ月後に仕事復帰を果たして世の中を驚かせている。本来なら、しばらくは休養しつつ子育てに専念する時期に思えるが、なぜ芸能人は早期復帰を望むのか。その理由を聞いた。

「一番の理由は、所属事務所が“忘れられてしまうこと”を恐れるからです。いくら知名度がある人でも、半年や1年も公の場に出ないでいると忘れられます。そうなると、たとえ復帰してもキャスティング会議で名前が挙がらなくなるので、仕事が来なくなります。また、そうやって露出が減っていくと各メディアに出る際のギャラに変動があるんです」(テレビドラマ関係者)

 たしかにしばらく顔を見なければ、その存在を忘れてしまうことはある。しかし、ギャラの変動とはどういうことか。

「芸能人のギャラは知名度や露出度で決まり、人気があって露出をたくさんしている人ほどギャラが高くなります。たとえばCMのギャラはその傾向が強いのですが、産休前は1本3,000万円ほどもらえていた芸能人でも、産休を1年とって復帰した場合には800万円や500万円程度になることもあるんです。この数字に応じてテレビの出演料なども下がりますので、年収は大幅ダウンです。出産を機に芸能界を引退する覚悟があれば別ですが、その後も仕事を継続するならば、事務所の意向として、とりあえずは復帰してもらい、ギャラを維持させておきたいんです。本人たちは蓄えがあったり、旦那さんが稼いでいるので問題なくても事務所にとっては死活問題なんですよ」(広告代理店関係者)

 早期の復帰は事務所の意向が強く、年収維持が目的のようだが、当人たちは子育てに専念したいとは思わないのだろうか。

「もちろん、しっかり子育てをしたいと考えるケースは多いです。そのため、頑張って早期に復帰して、ギャラ相場を下げないままに活動を再開してCMの仕事を取るんです。そうすると、数千万単位のお金が入るので事務所は御の字です。CM撮影は拘束が1日や2日ということも多いので、それだけの稼働で1年ほどは働かなくていいのですから、早期に復帰してCMの仕事をなんとか取って、そのあと本格的に休むという予定を組んでいるわけです。事務所もCMの仕事があれば他の仕事はセーブしますし、CMで世間には露出されているので、忘れられるリスクもなくなります。山田優さんなどは、このパターンではないかと思いますよ」(同)

関連キーワード

CM

コメント

3:はっこ2015年10月12日 13:38 | 返信

芸能人でも、赤ちゃんにとっては母親なので、1年位は育児に専念してほしいなって思います。もちろん、旦那さんの協力は必要ですが。私達ファンは、1年位なら待てます。今しかない貴重な時間を大切にしてほしいって思います。

2:オバチャン2015年8月18日 22:09 | 返信

子育てに専念すべきなのに

産んだ母親だけがすべきなのか?
赤ん坊は皆で育てようよ。

1:匿名2015年8月14日 12:51 | 返信

タイトルが差別的で良くないですね
「女性は仕事を犠牲にして育児をするべき」のように見えます

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。