>  >  > ヤクザに安倍の評価を聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
jituwa_150813_top.jpg
「週刊実話」2015年8月20・27日合併号(日本ジャーナル出版)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 先日、本サイトで紹介して大反響を呼んだ現役ヤクザ100人への安保法制アンケート。

「安倍のようなお坊ちゃんで、ケンカもしたことないようなヤツに戦争なんか任せられないし、付き合えない」
「いきなり『戦争』って、冗談も大概にしとけと思う」
「国会で議論している皆さんは、戦争や抗争で殺されたヤツの死体を見たことあるんかいの?」
「安保法案はコスパにあわない」

 などの痛烈な意見が集まり、右寄り思想のヤクザにまで批判される安保法案って......と、読者を大いに驚かせた。

 この反響を受けてか、くだんのアンケートを実施した「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が15年8月20・27日合併号で第二弾を掲載している。今度は、題して「もしも安倍首相があなたの親分だったら従えますか? ヤクザが採点! "安倍親分"の通信簿」。つまり、安部首相に「親分としての器」があるのかどうか、現役でヤクザ稼業を営む男たちに採点してもらったということらしい。

 その成績は......、当然のことながら、完全に落第寸前。

 まずダメなところとしてあげられたのが、議論のできなさ加減。鋭い質問をぶつけられると、しどろもどろであやふやな答えを返し、もう逃げ切れないと思ったら逆ギレする安倍の態度には堅気の市民も嘲笑しているが、それはヤクザ者たちも同じだった。

「中国のとぼけたオッサンにシカトされて、韓国のヒステリーオバサンに無視された揚げ句に国会では辻元のババアにやり込められて、意地になって野次を飛ばす。これが自分の親分なら、情けなくて涙が出ますわ。一度でええから親分らしいとこ見せてぇな。あんな親分に命は張れんで」(関西系組織中堅・30代)

 そして、安倍の最低なところといえば、国民の命に関わる安保法案についてまともに説明しようともせず、しかも、まったく理解や賛同も得られないままにゴリ押しで通してしまったところだが、これに対してはヤクザならではの表現でこう切り捨てる。

「あんな親分に誰がついていくか。前に親分だったときには大事な抗争(選挙)に負けそうになって、ハライタ起こして退散。リアルヤクザにも、こういうのはおんねんけどな。そんでトップに返り咲いた途端に、枝の若い衆たち(自衛隊員)を抗争で使い捨てる法律をゴリ押し。アベノミクスなんかオレオレ詐欺と変わらんし、『戦争法案』を『平和法案』と言い替えるのも詐欺。もはやヤクザですらなく、詐欺師やね。自分は手を汚さずに若い衆を懲役に行かせるんなら、むしろ"ワシのために死んでくれ"とハッキリ言わんかい!」(関西系組織幹部・40代)

 人の上に立つ人間であれば、信頼を裏切るような行為はご法度中のご法度。それは任侠の世界も堅気の世界も同じだ。しかし、安倍のこれまでの行為は裏切りの連続だった。

「解釈改憲ちゅう禁じ手を打ったからよ。目先も大事やが、スジを違えりゃ必ずしっぺ返しがくる。極道こそ骨身にしみてそれが良く分かる」(九州系組織幹部・40代)

「歴代総理として初めてアメリカの大舞台(米連邦議会上下両院合同会議)に上がったのはたいしたもんだが、(中略)『安保法案を必ず通す』という話を(国内よりも先に)この場でしてしまったのは、筋が通らない。ヤクザなら相応のケジメを取らされるよ」(九州系組織中堅・40代)

「ケジメを取らされる」のが、安倍や安倍の子分(自民党議員)だけなら我々国民としてはどうでもいいのだが、いざという時に「ケジメを取らされる」のは、安倍ではなく我々国民。特に真っ先に「ケジメを取らされる」のは、自衛隊員である。

「優秀な家庭教師をつけてもらっておきながら、三流のお坊ちゃん大学に行くのがやっと。アルファロメオで通学して、雀荘に入り浸っていたアホのボンボンに"戦争に行ってこい"言われても、誰も行きたくないだろう。覚悟を決めてる自衛隊員も、"お前に言われたくない"というのが本音じゃないか」(関東系組織幹部・60代)

 ここまでけなされ放題の安倍だが、「ヤクザの親分」としての素質はあると皮肉交じりに語る組員の方も。

「親分になれる要素とは、一に運、二にカネ、三に根性の悪さ。安倍は全部揃えてるから、100点」(関東系組織幹部・40代)

「身内のライバルより頭が切れんっちゅう話やが、学生時代に雀荘に通ってたというからバクチの心得もある。"政界を引退したらヤクザ映画を撮りたい"なんて言うぐらいだから、本人もこっちの世界に憧れがあるんじゃないの(笑)」(九州系組織幹部・40代)

 2010年『安藤和津 TEPCO トークマルシェ』(文化放送)に出演したとき、「俺が(映画を)作ったら絶対ヒットするなと思ったりして。実際は難しいんでしょうけど、自分でメガホンが握れたらどんなにいいかと。自分で撮るとしたらヤクザ映画ですかね。『仁義なき戦い』をさらにドキュメンタリータッチにして、それと『ゴッドファーザー』を足して2で割ったものとかね」と語っていた安倍晋三。そんな映画が公開されたところで、金をもらっても観に行く気は一切ないが、現役ヤクザからも「親分」としての「根性の悪さ」を持っていると絶賛されているのだから、一刻も早く議員バッジを外し、メガホンに持ち替えていただきたいものだ。

 そして、遂には、もう投げやりにこんなことを口にする人も。

「『平成の岸信介』になりたいのは分かるが、偉大な先代の影を追って失敗するのはヤクザの親分でもお約束」(関東系組織幹部・50代)

「もしも安倍がワシの親分やったら、ご法度やけど盃を返して(親分と縁を切って)、堅気になりますわ」(関東系組織幹部・40代)

 理不尽な戦争に巻き込まれる前に、こちらとしても盃を返してやりたいのは山々なのだが、残念ながら、安倍はヤクザの親分ではなく、一国の首相。

 本当に、安倍が政治家ではなく、どこかの暴力団の親玉だったらどんなによかったことか......。まあ、もしもそうだったら、その組による抗争で流れ弾が飛び交ったりして近隣住民が大迷惑することになりそうだが......。
(田中 教)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。