>  >  > 東山紀之があらためて語った反ヘイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
東山紀之、反ヘイト本文庫化であらためて語る差別と暴力「人は人を差別するときの顔が最も醜い」「人間は、決して無駄に闘ってはならない」

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】  昨年11月、本サイトで報じた東山紀之の自伝的エッセイ『カワサキ・キッド』(2010年発行/朝日新聞出版)の"反ヘイト"記事は大きな反響を呼んだ。神奈川県川崎市のコリアンタウンで生まれ育った東山の極貧の少年時代、祖父がロシア人という出自、在日コリアン一家との交流などが描かれた本書は、東山の"反ヘイト精神"が溢れており、在特会やネトウヨ、そして"ヘイト政...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...