>  >  > 東山紀之があらためて語った反ヘイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
higashi_150814_top.jpg
東山紀之『カワサキ・キッド』(朝日新聞出版)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 昨年11月、本サイトで報じた東山紀之の自伝的エッセイ『カワサキ・キッド』(2010年発行/朝日新聞出版)の"反ヘイト"記事は大きな反響を呼んだ。神奈川県川崎市のコリアンタウンで生まれ育った東山の極貧の少年時代、祖父がロシア人という出自、在日コリアン一家との交流などが描かれた本書は、東山の"反ヘイト精神"が溢れており、在特会やネトウヨ、そして"ヘイト政権"である安倍政権へのアンチテーゼのような内容だったからだ。

 本サイトがこの本を紹介すると、一貫して差別を憎み弱者に思いを寄せた東山に対し、「なんて真っ当な主張だ」「目頭が熱くなった」「東山さんを見直しました」などと賞賛の声が数多く寄せられた。しかし一方で、「東山を使った政治的プロパガンダだ」「記事は安倍政権へのヘイト」などの批判も巻き起こった。

 これは自分たちにとって都合の悪いものに対するネトウヨたちのお決まりの批判だが、反中嫌韓を源流とする罵詈雑言がネット上を中心に平然と席巻している絶望的言論状況だからこそ、差別を憎み、人間の尊厳の本質を正面から捉えようとする東山の著書を紹介することは必然でもあった。

 それは多くの人々にとっても同じだったのだろう。本サイトでの反響を受けて、じつは先日8月7日、この『カワサキ・キッド』が文庫化され、朝日新聞出版からあらためて発売されたのだ。

 本の情報雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)のニュースサイト「ダ・ヴィンチNEWS」では、今回の文庫化をこう報じている。

〈東山が優しい眼差しで、在日韓国人・朝鮮人といったマイノリティ、弱者に対する思いを綴った点が再評価され、2014年11月にニュースサイトが紹介するやいなや、SNSを中心に「たくさんの人に読んでもらいたい」「ここまで書く人はなかなかいない」「滅入っていた気持ちが明るくなった」「弱い立場の人への思いやりが素晴らしい」などのコメントが殺到。"いまの時代にこそ読むべき良書"として再び大きな注目を集めている〉

 多くの人が『カワサキ・キッド』の内容に胸を打たれ、本サイトの紹介記事も文庫化に一役買えたことは、たいへん喜ばしい限り。しかも、今回の文庫化に際し、東山は新たに「文庫化にかえて 5年後に思う」との一文を寄せているのだが、それは東山の弱者への温かい眼差し、そして平和への思いがあらためて貫かれたものだった。

 東山にとって4年前の東日本大震災は直接体験したわけではないが、それでも「やはり大きい」ものだった。そして普通の生活がいかに大切かを痛感したという。

「いまは、芸能人というよりも、まず人として、人の親として生きていきたい、と思う」

 この間、東山は結婚し2児をもうけているが、そのことは東山個人にとっても大きな変化だったのだろう。東山は自らの子ども時代をこのように振り返っている。

「僕は、かなり臆病な子どもだったと思う。幼い頃から恐怖に対しては敏感だった」

 そして、臆病ゆえに"死"や"暴力"そして"他者"に対して想像した。

「人は死んだらどうなるのかとか、もし自分が人を傷つけてしまったら、相手や相手の家族はどうなるかなど、想像しては、子ども心に、こう思ったものだ。
 痛いのも苦しいのも、絶対いやだ、と」

 これは、たとえば本サイトでも紹介した蛭子能収とも共通するものだが、自分がリアクションすることで降り掛かる不条理な恐怖、暴力は避けたいという人間の本質的思いから、東山はこう決意したという。

「いざとなれば、逃げよう、と」
「卑怯なのではない、誰も傷つけたくないための手段として、逃げるのだ」
「人間は、決して無駄に闘ってはならない」

 ここに東山の"強さ"がある。自分が傷つけられそうになったら、他人を傷つけそうになったら、高いプライドをもって勇ましく戦うのではなく"逃げる"ことを選択できる。自らを"臆病"だと吐露できる。それが東山の強さの本質なのだろう。それは7年前からボクシングのトレーニングを続けたことでも、再認識されていく。

「ボクシングでも、いかに相手の攻撃から逃げるかが、勝敗を決めるきわめて大切なことでもあり、そのための術を習得しなければならない。
 僕のトレーナーは、闘うこと以上に、相手も自分も傷つけないために逃げることに大切さを説く」

 闘うこととは、相手も自分を傷つかないために"逃げる"こと。そして恐怖心に敏感であること、臆病であること。これらはとくにいまの時代だからこそ大切なのだと、東山は自身の人生哲学を語っていく。

 さらに子どもの父親としての視点もこれに加わった。寛容さを失った社会でもっとも必要なもの。それが「優しさ」だ。たとえば、泣いている子どもを見かけたとき、東山は「ほら、お友達が泣いているよ」と自分のそばにいる子どもたちに声をかけるという。それがたとえ初めて会った子ども同士でもだ。

「どこの国の子どもだとか、親が誰だとか、何をしているとかは関係ない。
 大人がそういう態度でいると、子どもたちは知らない相手であれ、「あのお友達、大丈夫かな?」と言い出すようになる」
 
 まずは、大人が他者に対する思いやり、優しさの手本を示す。国籍や親の職業、取り巻く環境など関係ない。──これは子どもたちに対する東山の思いであり、彼が育ってきた環境、そして反差別に対する強烈な思いでもあるのだろう。

「人は人を差別するときの顔が最も醜いと僕は思っている」
 
 本書ではほかにも、通名を名乗らざるを得ない在日コリアンへの思い、被爆者、沖縄など、一貫した反差別、弱者に対して寄り添う姿勢が随所に現れている。憎しみではなく優しさで世界と向き合おうとする東山の姿は、戦後70年、平和の意味を考える上でも手引きの書となるだろう。

 なにより、ヘイトを叫び、隣人である韓国、中国を罵り、気に入らないとすぐに「在日認定」するようなネット民、そして差別を煽り「戦争への道」に突き進む安倍政権の面々にこそ、本書を読んでほしい。そうすれば、ほんとうの強さ、優しさとは何かが少しでも理解できるはずだ。
(伊勢崎馨)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。