>  >  > 幽霊のほとんどは男性である(研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
ThinkstockPhotos-484670866.jpg

 アイスランドには昔から幽霊話が数多く存在する。キリスト教伝来以前の北欧神話に由来するそうだが、その頃のアイスランドは、荒海と雪に閉ざされており、今よりずっと幻想に満ちた世界だったのだろう。そして今、神秘の国アイスランドで、世にも不思議な心霊研究が行われているという。


■幽霊を見た人の67~77%が男性の幽霊を目撃

eharaldsson1.JPG
エルレンドール・ハラルドソン博士 画像は「YouTube」より

 7月27日付の「大紀元(The Epoch Times)」電子版によれば、研究を発表したのはアイスランド大学で超心理学を教授エルレンドール・ハラルドソン博士だ。著書『サイ・ババの奇蹟』で知られるサイババ研究の第一人者でもあり、スピリチュアル系では著名な心理学者だが、その彼が1980年代に行われた心霊調査を改めて検証した結果、幽霊の多くは“悲惨な死に方をした男性”と結論づけたのだ。

意外ですが、67%の幽霊は男性でした。これは私が過去に行った研究結果『男女合わせて77%が、男性の幽霊を目撃した』を裏づけるものとなりました」(エルレンドール・ハラルドソン博士)

 この研究はアイスランドで行われ、「幽霊を見たことがある」と答えた307名を含む合計337名を対象にインタビューしたものだ。被験者の90%が亡くなった人がなんとなく近くにいるのを感じたといい、実際に見えた(69%)、声を聞いた(28%)、肌に触れた(13%)、故人の匂いがした(4%)と証言している。ほとんどのケースは、薄暗い~真っ暗な中で起こったという。また、暗闇で目撃したのが近しい人だった場合、その人はすでに息を引き取った後だったということが多く、特に、不慮の事故で命を落とした男性の場合は、自分の家族や友人に“お別れ”するために現れるケースが多いという。

コメント

1:匿名永原清喜2015年10月22日 17:08 | 返信

借金踏倒して脳梗塞で倒れナマポ悠々

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。