>  >  > 「ゲロ吐きマシーン」を科学者が製作!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ウイルス

,

ゲロ

,

ノロウイルス

,

感染

,

病気

,

研究

 現在、米国の科学者たちが製作した「ゲロ吐きマシーン」が海外メディアの注目を集めている。この摩訶不思議な装置、その見た目のシュールさとは裏腹に、極めてマジメな理由で誕生したようなのだが……早速、詳細についてお伝えしよう。


■「ゲロ吐きマシーン」誕生の経緯

VomitingMachine.jpg
画像は「New Scientist」より引用

 今月19日、「NBC NEWS」などが報じたところによると、このたび「ゲロ吐きマシーン」を開発したのは、米・ノースカロライナ州立大学のリーアン・ジェイカス博士らの研究チームだ。この装置は、人間の“ゲロ吐き”を4分の1スケールで忠実に再現することができ、さらにゲロの量や濃度、圧力までも正確にコントロールすることができる優れもの。では、博士たちはなぜこんなモノを生み出してしまったのか?

 それは、時に集団感染などを引き起こして私たちを苦しめるノロウイルスなどの病原体が、感染者の“ゲロ吐き”によってどのように外部に排出され、広がるのかを調べるため。米国ではノロウイルス感染者が毎年人口の約10%に上るとの報告もあり、深刻な問題となっているが、その感染経路にはまだまだ謎が多いとされる。そこで今回、ジェイカス博士らはゲロに的を絞って、感染経路としての危険性を正確に示そうとしたわけだ。そして実験の結果、案の定と言うべきか、ゲロはかなりヤバいことが判明したのだった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。