>  > 魔女狩りで5人が惨殺される!=インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

三橋ココ

,

因習

,

犯罪

,

狩り

,

迷信

,

集団

,

魔女

ThinkstockPhotos-164008960.jpg

 インドの台頭が目覚ましい――。エリート教育が盛んで、今や押しも押されもせぬIT大国となったインドだが、それらの輝かしい印象とは相反する闇の側面があるのもまた事実である。例えば、インドの全世帯の半数以上にはトイレが無く、人々は屋外で用を足す。また、子どもや女性への暴行は後を絶たず、顔に硫酸を浴びせるアシッド・アタックなど含む悲惨な事件が相次いでいる。そしてまた、インド中部に位置するジャールカンド州キンジア村で悲しい事件が発生した。


■魔女と決め付けられ殺された5人の女性

 今月初め、ジャールカンド州のキンジア村に住む5人の女性が数十人の村人から「魔女」と決め付けられ、家から引きずり出されたあげく鉄の棒、石、ナイフで殺されるという事件が起きた。ジャールカンド州警察の広報官であるS・N・プラハン氏は、「村人たちは長い間、被害者の女性たちが村に災難をもたらしていると恨みを抱いていたようでした」と言う。警察は45歳から50歳の男たち50人が、この事件に関連したと見て逮捕した。しかし彼らは、「村人全員でやった」と示し合わせた供述をしていると言う。

 ジャールカンド州最高長官であるラグバー・ダス氏は、「今の時代に、このような事件が起こった事は非常に悲しい。社会はこれについて熟考する必要がある」と声明を出した。

witchcraftbeaten1.JPG
村人たちを訊問する警察 画像は「YouTube」より


■魔女狩りの実態

 インドにはスンダルダル県、バリパーダ県、ケーンドゥジャル県、サンバルプル県のように少数民族が多く住む地域があり、そこには魔術や迷信がはびこっている。そしてそれらの土地では、揉め事や災難の原因は魔術であるとされ、無実の女性を「魔女」と非難する事で問題を解決しようとする。そのようにして「魔女」とされた女性が焼かれたり、殺されるケースは数多い。

 北東部のアッサム州の村では、63歳の女性が村に呪いをかけていると非難され、ナタを振り回した村人たちにより斬首された事件も起きた。またケーンドゥジャル県では、家族6人が「魔術を使っている」と疑われ、村人たちによって夫婦と幼い子供まで殺された。襲撃した男たちの一人は被害者の兄弟だったという報道もある。

witchcraftbeaten2.JPG
被害者の死体は粗末なビニールに覆われ、村に放置されている 画像は「YouTube」より

 インド国家の犯罪記録局によれば、2013年には魔女狩りに関する殺人事件(ほとんどの被害者は女性)が160件、2012年には119件発生したという。これらを受け、ジャールカンド州を含むいくつかのインドの州は、「魔女狩り」を無くすための特別な法律を作ったようだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。