>  >  > 臨死体験をした芸能人5名が見た「別世界」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
rinsitaiken.jpg画像は「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)より

 17日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしが臨死体験について語った。それは、94年にバイク走行中の事故により、右側頭部頭蓋骨陥没骨折、脳挫傷という重傷を負った時のこと。病院へ救急搬送された、たけしは「麻酔を打って手術する時に夢だか何だか知らないけど、上から自分が倒れているのを客観的に見たような気がする」と告白した。

 たけしは重傷だったため、臨死体験が本当かどうかハッキリしないと語ってはいるが、芸能界ではほかにも臨死体験者が存在する。今回は5名の芸能人の臨死体験を紹介しよう。


■加藤茶

 今年5月に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、加藤茶は臨死体験を告白した。昨年、入退院を繰り返していた時に投薬治療を行っていたが、薬が加藤に合わず死にそうになったそうだ。その時には「三途の川の向こう岸に、いかりや長介が見え、慌てて引き返した」と語っている。


■GACKT

 歌手のGACKTは海で溺れた時に、不思議な体験をしたと語っている。7歳の頃、海水浴中に波にのまれたGACKTは、水中に引っ張られ、海水を飲み続けた。そして、音が何も聞こえなくなると、まるで何かに抱かれているような優しい感覚を体験する。その直後、生まれてからの記憶が、走馬灯のように駆け巡ったという。


■前田忠明

 1990年、芸能リポーターの前田忠明は胸に激痛を感じて病院に駆け込んだ。すぐさま緊急手術を受けることになったが、23時間ほど意識を失い、その後に1分間ほど心臓が停止。やがて、前田は痛みがなくなり体が宙に浮いているような快適な状態になる。すると、金色の美しい光と共に同じ姿をした、もうひとりの自分が現れ、別世界へと誘われた。そこで見た光景はまぶしいほど明るい光の世界で、とても美しかったという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。