>  > 寝屋川中1殺害でマスコミのデタラメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
miyaneya_01_150822.jpg
読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』番組ページより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 大阪府高槻市の駐車場で、中学一年生の平田奈津美さん(13)の遺体が見つかった事件は、昨日、急展開を迎えた。21日夜、平田さんの遺体を遺棄した疑いで男(45)が逮捕され、さらに平田さんと一緒にいたと見られる同級生の星野凌斗くん(12)と見られる遺体も発見された(22日、星野くんの遺体と確認)。報道によれば男は現在容疑を否認している。

 男が関与したと見られている二人の殺害状況など、細かい点はまだ明らかになってはいないが、それにしてもこの事件ではっきりしたのは、マスメディアの取材・報道のデタラメとキチクぶりだ。

 事件発生から、ネットでは平田さんの殺害事件の背景に対し、根拠のない噂が飛び交っていたが、新聞、週刊誌、テレビもまた、ネットで言われていた噂と近い線で取材をしていたという。週刊誌記者が語る。

「昨日の夕方の段階まで、現場の記者の多くは星野くんが平田さんを殺害したという見立てで動いていた。三角関係がこじれて衝動的に殺してしまい、両親が死体を隠匿したというものです。また、2月の川崎中1殺害事件と同じ構図で、不良グループに星野くんが関係しており、複数で殺害したというシナリオを語る記者もいました。ふたりの交友関係については、同級生らに取材してかなり踏み込んだ情報を得た社もあったそうです」

 それ以前には、星野くんの母親が犯人だという説や、平田さんの母親の“虐待死”説で取材している記者もいた。たとえば、日刊スポーツは20日付(電子版)の記事で、「平田さん一家を知る人物」の証言を使って、こうした見方を臭わす記事を出している。

 また、ある週刊誌は被害者の家族のプライバシーを徹底取材。容疑者が逮捕され中止になったものの、直前まで、被害者家族を問題視するような特集記事を組む予定だったという。
 
 このような取材、報道姿勢をとったのは、紙メディアだけではない。各テレビ局のワイドショーもコメンテーターたちのいい加減で見当はずれの推測を連発していた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。