>  >  > 呪い殺されたジェイミンソン一家失踪ミステリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 2009年10月8日、アラバマ州ユーフォーラに住むジェイミソン一家3人が忽然と姿を消すという事件が発生した。一家の大黒柱のボビー(44)、妻のシェリリン(40)、1人娘のマディソン(6)は、ユーフォーラから約48km先にあるオクラホマ州レッド・オーク付近に売りに出されていた161平方メートルの土地を下見するため自宅を出発。それを最後に消息が途絶えてしまったのだ。


■貴重品が残された車

jasonfamily.jpg
一家失踪を伝えるニュース「DailyMail」より

 行方不明届けが出された8日後、オクラホマ州の山道付近で、一家が乗っていたトラックが鍵がかかった状態で見つかった。車内には、マディソンの愛犬メイシーが栄養失調で瀕死の状態で閉じ込められており、ボビーとシェリリンの携帯電話、車の鍵、GPS、現金3万2,000ドル(約396万円)も残されたままになっていた。何らかの事件に巻き込まれたのではないかと推測した地元警察は山に囲まれた土地をくまなく捜索。しかし、何の手がかりも掴めず、事件は迷宮入りしてしまった。


■整列された人骨

 4年の月日が流れ、2013年11月15日。人里離れたオクラホマの山の中を歩いていた地元猟師が「なにか」につまずき転倒した。なににつまずいたのかと確認したところ、人骨だったためびっくり仰天。人骨は3体あり、うつぶせの状態で横一列に並べられていた。人骨発見現場は、ジェイミソン一家のトラックが放置された場所からわずか5kmしか離れておらず、警察は一家の遺骨である可能性が高いとし、すぐにDNA検査を行った。その結果、人骨はボビー、シェリリン、マディソンのものであることが判明。3人は行方不明になった後、すぐに死んだと見られているが、死因は特定できなかった。

 では、3人はなぜこのような形で命を落としたのか。様々な憶測が流れた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?