>  >  > 制服向上委員会インタビュー(後)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
Ski_2_top.jpg
制服向上委員会は普段9名で活動。左から、齋藤優里彩、金子結稀、齋藤乃愛、清水花梨、西野莉奈、木梨夏菜。他に、小川杏奈、斗崎歩音、野見山杏里が在籍中。


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

前編はこちら】

 前回のインタビューで、「大人にやらされている」「サヨクに洗脳されている」説をきっぱりと否定した制服向上委員会のメンバーたち。しかし、彼女たちの多くはもともと歌やダンスが好きなだけで、政治や社会問題のことはほとんど知らなかった。

 では、いったい彼女たちはどうやって、原発や安保法制のことを学んで行ったのか。そして、彼女たちはこれから何をめざすのか。AKBや他のきらびやかなアイドルがうらやましくないのか。そのへんも、率直に聞いてみた。

■TVに出るために脱原発の歌が歌えなくなるぐらいなら、TVなんか出たくない

――歌やダンスにしか興味がなかったみなさんがいろいろ学んで行くうちに、意識が変わったという話でしたが、政治や社会問題は、どういうふうに勉強しているんですか?

 齋藤(優) 事務所の方で、週に2、3回学ぶ機会を設けてくれています。

――それはどういうもの? ネットではサヨクの大人に洗脳教育されているというようなイメージをもたれているみたいですが(笑)

 齋藤(優) まさか(笑)、学校なんかより全然自由ですよ。プロデューサーから話を聞くこともありますが、どちらかというと、新聞の切り抜きをみんなで回し読みしたり、ニュースを見てメンバー同士でディスカッションしたり、自分たちで考える機会をいっぱいもらってる感じですね。

 木梨 歌っている歌詞とは反対の意見を学ぶこともありますね。この前は、イベントの楽屋で、メンバーが安保法制賛成派と反対派に分かれる設定で、討論しました。

 西野 学校の授業って、先生が上から知識を教えるだけじゃないですか? でも、ここのやり方はそういうんじゃないところがいい。

 齋藤(乃) 学校の授業もこういう感じだったら楽しくなるのにね。学校でやってるような、先生の話を聞くだけの授業だと眠くなっちゃう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。