>  > 「TSUTAYA図書館」のヒドすぎる実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:TSUTAYA, 佐賀県, 図書館, 平田宏利, 文化
選書は“クズ本”1万冊、重要資料を破棄…!! 利用者のニーズを無視した「TSUTAYA図書館」のヒドすぎる実態

 佐賀県武雄市の図書館で購入された図書資料の内容が議論を呼んでいる。武雄市図書館は、2013年から、全国初の事例としてTSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)を指定管理者とする運営が始まっている。  図書館には、スターバックスコーヒーとTSUTAYA店舗が併設されている。コーヒーを片手に、TSUTAYAと図書館の雑誌や書籍が自由に読める。朝の9時から夜の9時まで年...

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...