>  > 中国パチモン高級車が人気のわけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

rollsroyce-1.jpg
路上で黒煙を出して燃え盛る車。走行中に突然、発火するとは恐ろしい

【日刊サイゾーより】

 8月16日、上海市の路上に停まっていた車が突然炎上。間もなく駆けつけた消防隊によって火は消し止められたものの、残ったのは見るも無残な焼け焦げた車体。幸い、ケガ人はなかった。

 運転手の話によると、この車は結婚式に向かう途中で、走っているとエアコンの送風口から煙が出てきて、慌てて車を止めて降りたところ、しばらくして燃えはじめたのだという。

rollsroyce-2.jpg
見るも無残な姿に……屋根は白系、ボディはえんじ色のように見える

 よく見るとこの車、ボンネットの部分に特徴がある。そう、車前方にあるラジエーターグリルがパルテノン神殿のようになった、世界最高級車のひとつ、ロールス・ロイスにそっくりだったのだ。しかも、通常よりも車体が長いストレッチ・リムジンで、新車ならおそらくウン千万円を超えるシロモノだ。

 しかし、ここは偽物大国の中国。当然のことながら、このロールス・ロイスも偽物だった。価格は20数万元、日本円にして500万円近くである。偽物にしてはかなり高い。ただこの偽ロールス・ロイスは意外と需要があり、結婚式の時に新郎新婦が乗る車として、見栄っ張りの成金たちにレンタルされることが多いのだという。

「現在の中国では、新郎新婦を乗せた車が後続車を連ねて街中をグルグルと結婚パレードをして回る、という習慣があります。特に田舎のほうが顕著ですね。その時に乗る車が高級車であればあるほど、メンツも立つというわけです」(上海在住の日本人ライター)

 日本だったらこっ恥ずかしくて、少なくとも大都市圏でそんなことをやる人は少ないが、そこはメンツが最重要な中国。いかに自分が豪気であるかを見せびらかさずにはいられないというわけか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。