>  >  > 飯塚事件の死刑執行なぜ急がれた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

saikousai.jpg
現在、飯塚事件は福岡高裁に即時抗告中(写真は最高裁判所HPより)

 1992年2月20日、福岡県飯塚市で小学校1年生の女児2名が登校途中に失踪した。翌21日、隣接する甘木市(現・朝倉市)の山中で女児2名の遺体を発見。3月20日、福岡県警は、被害者と同じ校区に住む久間三千年(くま・みちとし)元死刑囚(54歳)を参考人として聴取。ポリグラフ検査を実施し、毛髪と指紋を採取。被害者の身体に付着していた犯人の血液型・DNA型が久間元死刑囚のものとほぼ一致したという鑑定結果を認定した。

 2年後の1994年9月23日、福岡県警は、女児の衣服に付着していた繊維片は久間元死刑囚が所有する車のシートの繊維と一致したと認定し、死体遺棄容疑で逮捕。10月14日、福岡地検は死体遺棄で起訴。11月5日、殺人・略取誘拐で追起訴。久間元死刑囚は逮捕以来、一貫して無罪を主張した。

 1999年9月29日、福岡地裁は数少ない状況証拠を根拠に有罪と認定し、死刑を求刑。2001年10月10日、福岡高裁は控訴を棄却。2006年9月8日、最高裁は死刑を求刑。だが、再審請求準備中の2008年10月28日に急遽、死刑が執行された。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。