>  >  > 銃撃事件、犯人の視点から見た映像=米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

バージニア州

,

人種差別

,

犯罪

,

生放送

,

銃撃

gunman.jpg
画像は「LiveLeak」より引用

 米国バージニア州で今月26日朝、地元放送局「WDBJ」の女性記者アリソン・パーカー氏(24)と男性カメラマンのアダム・ワード氏(27)が、生放送中に至近距離から男に銃撃され、2人とも死亡するという事件が起きた。

 事件は、同州中央部モネータ郊外の観光地スミス・マウンテン湖畔にあるショッピングモールで、地元商工会議所の女性職員へのインタビュー中に発生。惨劇の瞬間がそのまま放送されてしまったこともあり、全米中に衝撃が広がっている。

生放送中の映像 「LiveLeak」より

 容疑者の男は、元同局リポーターのベスター・フラナガン容疑者(41)。言動を問題視され、2年前に解雇されていた。犯行後は大手放送局「ABC」に声明を送付、今年6月にサウスカロライナ州の教会で白人の男が銃を乱射し、黒人9人が犠牲となった事件への報復行為であった可能性も指摘されている。なお、容疑者は犯行現場から車で逃走したが、警察による追跡を受けて銃で自殺した。

 しかし逃走中、フラナガン容疑者は自身のFacebookやTwitterで、自らが撮影した銃撃の瞬間を収めた動画を公開しており、現在それを見たネットユーザーたちの間に戦慄が走っているのだ。それでは、男が投稿した問題の映像をご覧いただこう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?