>  >  > 徘徊老人化していた徳光和夫に不要論噴出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0828tokumitu_main.jpg
※イメージ画像:ソニー・ミュージック・アーティスト「徳光和夫 プロフィールページ」より

 今年はV6とHey! Say! JUMPがメインパーソナリティを務めた『24時間テレビ38 愛は地球を救う「つなぐ~時を超えて笑顔を~」』(日本テレビ系、以下24時間テレビ)。恒例のマラソンはDAIGOが走り、「つなぐ」をテーマに各企画も展開された。

 しかし、そんな『24時間テレビ』において、図らずも目立ってしまったのが徳光和夫の存在だった。マラソンを走り終えた直後のDAIGOに対し、「胴上げしよう」と発言して周囲にスルーされるなど、番組の中で微妙な空気を作り上げる場面が多かったからだ。

 このような状況に視聴者からも不快感が示されているが、現場で働くスタッフは徳光和夫の姿をどう見ていたのだろうか。

「これまでもヒドいと思う場面はありましたが、今年は特に目立っていましたね。羽鳥慎一アナなど、進行を担う出演者はイヤホンをつけて、ディレクターからの指示を受けているんですが、DAIGOへの『胴上げ』発言のときにはサブ(副調整室)のスタッフから『無視しろ!』と声が飛んだと言われています。徳光さんの存在は、番組スタッフ的には面倒なお年寄りがステージを徘徊しているのに似たような状態なんです」(24時間テレビ関係者)

 もはや徘徊老人のような扱いらしい。だが、スタッフから見てもひどい有様のようだ。

「他の出演者同士が話をしているのに、突然割り込んで別の話をはじめたり、すでにコメントを聞いたタレントにもう1度コメントを求めたりと、新人アナウンサーでもやらないような言動が多いんです。あれだけのベテランアナウンサーですが、おそらくもう、現場に立てるような状態ではないんだと思います」(同)

 かつては『24時間テレビ』をはじめとした数々の番組を仕切っていたアナウンサーだけに、このような状況は悲しいものがあるが、高齢がひとつの原因なのかもしれない。しかし、ここまでヒドイ状況にありながら、『24時間テレビ』はなぜ今も徳光和夫を起用し続けるのか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。