>  > 韓国害虫ママたちのトンデモマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

koreaunco082701wb.jpg
スタバのマグカップにオシッコさせる母親

【日刊サイゾーより】

 親として子どもをしつけるどころか、自分たちのマナーが悪すぎる母親たちが、韓国で増えている。ネット上には子連れママたちのマナー違反行為の目撃・経験談が後を絶たない。

 例えば、某ファーストフード店の女性アルバイトの証言によると、靴を履いたまま店の椅子やテーブルの上に立つ子どもに母親が注意しないことは日常茶飯事。誤って子どもがソフトクリームを落としたら、母親は図々しく「落としちゃったから、無料でもうひとつ新しいものをちょうだい」と要求してくる。母親の態度は悪く、まるで「バイトのアナタのせいよ」と言わんばかりの表情。もちろん、店のフロアを汚したことへの謝罪は一切なしだという。

 ただ、こんなことは序の口で、女性アルバイトは、うんこをした子どものお尻を店のトイレの洗面台で洗う母親の姿を目撃したこともあるとか。「トイレは店員と客兼用で、私たち店員にとってそこは食事後に歯を磨く場所でもあったんですが、以来そこを使うのが嫌なりました」と告白している。

 こうした事態は飲食店などでも多発しており、カフェのテーブルに堂々と置いてあったうんこのついたオムツの画像が、一時期ネット上で大きな話題にもなった。レストランのテーブルの上ですらオムツを取り替える母親たちが多々いるのだからあきれてしまうが、店内で店のマグカップの中にオシッコをさせるバカ親までいるありさま。ママ友同士が会話に夢中になって子どもを放置することも多く、子どもが店内に置いてあった雑誌を破ったり、雑貨を壊したりしても、「子どもがやったことだから」と言って謝ろうとしないらしい。こんな出来事が頻繁に起こるにつれ、ソウルでは最近「ノーキッズゾーン」と立て札を立て、小学生以下の子どもは立ち入りを禁止する飲食店が増えているほどだ。

 韓国高速鉄道・KTXでも、厚顔無恥な母親たちの姿が多く見られる。例えば子連れの場合、母子で並びの指定席を購入するのが常識。しかし、母親は自由席、子どもは指定席の切符を買い、まずは子どもだけを指定席に座らせ、母親は遠くの空席に勝手に座る。そうすると、子どもの隣に座っている他人が、必然的に世話係にならざるを得なくなる。さらに、子どもが泣き始めたりすると、母親が面倒を見に寄ってきては「ちょっとその席、譲ってくれない?」というような視線を浴びせてくるという。ネットに書き込んだ一般男性は、同じような経験を3回もしており、そのたびに席を譲るしかなかったという。「もしかして、母親たちの間でこの手口が共有されているんじゃないか」と勘繰りたくなってしまうほどだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。