>  >  > 近親相姦のタブーは文化か、本能か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■近親相姦による子どもの半数は先天的異常を持って生まれる!?

 では、近親相姦で生まれた子どもは、どれほど遺伝的に不利なのか? 2002年にチェコスロバキアの子どもたちを対象にして行なわれた調査では、驚くべき数値が出ている。第一度近親者(親子またはきょうだい関係)の間に生まれた子どもの約半数(53%)は、何らかの異常を持って生まれるというのだ。具体的には、重度の先天性異常や産後間もなく死亡してしまうほどの疾病を持って生まれた新生児は42%にのぼり、ほかにも軽度の知的障がいを持って生まれてくる新生児は11%を占めるという。確かにこれほどの確率で生まれてくるのであれば、遺伝学など知りもしない時代の人類でも、近親相姦の危険性に気づくことができるだろう。

westermarckeffect2.JPG
近親相姦の家系にあった第3代ローマ帝国皇帝・カリギュラ 画像は「Wikipedia」より

 しかし、もっと危険をはらんでいるのが、ある共同体の中で世代を超えて近親婚が行なわれているケースだ。古代ローマの貴族階級の間では、異なる家系のものと結婚することによって財産が分散したり、権力の継承において混乱が生じたりするのを避けるために近親婚が奨励されていた。また中世のヨーロッパの貴族の間でも、同様の理由で近親婚が多く行われており、劣性遺伝に起因する血友病などの多発に苛まれていたという。

 結論を言えば、殺人や食人に並ぶ禁忌である近親相姦のタブーが本能によるものなのか、それとも文化的な要請によるものなのか、まだ完全には白黒ついているわけではない。しかし最近の人類学系の研究では、近親交配によって障がい児や奇形児が多く生まれた結果として、人類の進化の可能性が広がったとする説も登場しており、近親相姦に関する議論はますます一筋縄ではいかなくなってきている。今後どのような新説が登場するのか、実に興味深いテーマなのだ。
(文=仲田しんじ)


参考:「Daily Mail」、「Scientific American」、「Psychology Today」、ほか

コメント

1:匿名2015年9月 3日 16:04 | 返信

劣性遺伝子のつかい方ちがくない?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。