>  >  > 自分が死んだことに気づかない男=シリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

イスラム国

,

シリア

,

ダマスカス

,

内戦

,

爆弾

※次頁に衝撃的な映像を掲載しています。苦手な方は文章のみお楽しみください。

BombFragments.jpg
画像は「LiveLeak」より引用

 最近国内で大きく報道されることは少なくなりつつあるが、依然としてシリアでは政府軍、反政府軍、そしてイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」やクルド人勢力らによる三つ巴・四つ巴の戦闘が繰り広げられている。まさに文字通りの“血で血を洗う”内戦状態は、すでに5年目に突入してしまった。死者数は昨年12月の段階で20万人を超えているという。

 今さら指摘するまでもないことだが、そのような戦火の中で、市民はいつ命を落とすかわからない日々を生きている。そしてこの事実を、私たちに強烈なインパクトとともに訴えかける映像が動画共有サイト「LiveLeak」で公開された。

 先月26日、シリアの首都ダマスカスの路上。辺りには煙が立ち込め、瓦礫が散乱している。人々はみな慌てふためき、何やら恐ろしい事態が発生しているということは明白だ。ところが、ひとり路上のイスに腰掛けたまま、微動だにしない男性がいる。彼はなぜ、これほど落ち着き払っていられるのだろうか――と思った瞬間、私たちは衝撃の光景を目の当たりにすることになる。

 なんと、男性の頭が、ない。彼は椅子に腰掛け、脚を組んだまま絶命していたのだ。どうやら、付近の建物に投下された爆弾の破片が、不幸にも路上でコーヒーを楽しんでいた男性の頭部に直撃、一瞬にして命を奪ったようだ。目を覆いたくなるほどショッキングな光景だが、男性が生前の姿勢を保ち、テーブルの上も何事もなかったかのように維持されていることが、“いつ命を落とすかわからない”シリアの現状を、見る人にひしひしと伝えてくる。

 動画の解説によると、現場はダマスカス市内の反政府軍が支配する地域だったという。爆弾の投下が政府軍によるものか、それとも他の組織によるものかは分かっていない。日本中が夏休みを満喫していた最中にも、世界にはこのように地獄としか例えようのない毎日を送る人々がいるという現実を、忘れずにいたいものだ。
(編集部)

※次頁に衝撃的な映像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

8:地球人に愛想尽かした者2017年8月26日 20:31 | 返信

面白い現象ですねぇ
もっと殺し合ってほしいです。

7:匿名2016年4月23日 02:44 | 返信

我が国やドイツ、イギリスなんて空襲の後こんな感じだったもん、阿多文庫の御異性のままだとまたこうなるかも?

6:匿名2015年11月30日 18:36 | 返信

まだ首から下があるだけマシ。飛行機事故だと生きたまま細胞レベルまで粉砕されるからね。

5:匿名2015年11月11日 09:39 | 返信

逆に聞くけど、自分が死んだことに気づくやつっているの?

4:名前はまだナイ2015年9月 9日 21:34 | 返信

21世紀のエマニエル夫

3:おま◯こクラブ2015年9月 8日 06:39 | 返信

アーメン

2:おま◯こクラブ2015年9月 8日 06:37 | 返信

ご冥福をお祈りします

1:匿名キン タマ2015年9月 4日 17:39 | 返信

「考えられへん!」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?