• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

0918fulitz_fliyou.jpg
※動画:「YouTube」より

 1975年7月17日午前4時、ドイツの港町ハンブルクの風俗街の近くに建つアパートで火災が発生した。通報を受けた消防隊は狭い道を通り、到着。消防士たちは、アパートのドアを壊して中に入った途端、悪臭に顔をしかめた。部屋には人肉が焼けこげている臭いに加えて、何とも表現しがたい強烈な臭いが充満していたのだった。

 消防士は、逃げ遅れた人か閉じ込められたペットが焼死したのではないかと思いつつ、鎮火後、臭いがしていた最上階の屋根裏部屋に侵入。そこで臭いの原因と考えられるビニール袋をふたつ発見した。それらの袋の中には、腐敗がかなり進んだバラバラになった遺体が入っていた。消防士たちは動揺しながらも、ほかにも袋があるのではないかと捜索。そして、ほかにも切り取られた女性の乳房や太ももなどを集めた袋を発見した。

■遺体発見が昔の事件を解決する糸口に

 現場に駆けつけた刑事は4年前、ここから300m先の空き地で女性の遺体の一部が発見されるという未解決殺人事件と関連があるのではないかと色めきたった。この事件は、頭部や手などバラバラになった女性の遺体の一部が地中にまとめて捨てられていたというもの。警察はすぐに殺人事件として捜査を開始したが、腐敗が凄まじかったため生前の顔がわからず、指紋も採取できず、身元判明は困難を極めた。

 そこで警察は当時最高の科学技術だった「頭部の皮膚の下にパラフィンワックスを注入し、形を整え化粧をし、生前に近い顔を作り」写真を撮影。それを手に聞き込みを行った。そのかいあって、被害者はパートで美容師として働き、娼婦もしていた43歳のガートルド・ブロイアーだと判明した。

 だが、遺体の身元が判明したものの、風俗街で働く女性がある日忽然と消えても誰も詮索しないためか、ガートルドが最後誰といたかなどは分からずじまいだった。刑事は、「犯人は近くに住んでいる可能性が高い」と考えたが、それ以上の情報を得ることはできず、事件はそのままコールドケースの仲間入りをしていた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?