>  >  > 犬を殺し、血を飲み、笑みを浮かべる男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント13
関連キーワード:

ベトナム

,

,

犬食

,

 あまり知られていないが、犬を食べる文化は、朝鮮半島や中国のみならず東アジアや東南アジア、またオセアニアなど農業・農村的基盤を持つ社会において古くから存在してきた。かつては、日本でも習慣化していたと考えられている。これを主に欧米人が野蛮な行為として非難するのは、牧畜や狩猟を主たる生業としてきた彼らにとって、犬が重要なパートナーであったからに他ならない。

 さて、約9千万の人口を擁する東南アジアの大国・ベトナムにも、北部を中心に犬食文化が残存するが、犬肉業者の男が撮影したと思しき1本の動画が、いま世界に衝撃を与えている。早速、問題の動画をご覧いただこう。

動画は「LiveLeak」より

 食用犬がいる檻の前に立つ、上半身裸の男。彼はそこから数匹の犬を取り出すと、刃物のようなもので一気に潰しにかかる。そして死んだ犬の血液を、桶のようなものに溜め込むのだった。彼は一体、なぜこんなことをしているのだろう?

DogButcher.jpg
画像は「LiveLeak」より引用

 動画は、その驚くべき理由までもしっかりと捉えていた。なんと男は、容器に集めた犬の血をゴクゴクと飲み始めるのだ。その口元は鮮血で真っ赤に染まり、うっすらと笑みさえ浮かべている。まるで一連の行為を楽しんでいるかのような「狂気」を感じ取ることができる、ショッキングな映像だ。

 先月28日、「LiveLeak」上でシェアされた本動画の解説によると、この犬肉業者の男は、毎日のように同行為に及んでいる模様だという。

「どうしてこんなことができるのか、本当に嫌な気分だ」
「この男は病気さ。気が狂っているよ。動物に近づけてはいけない」
「許せない。悪魔の所業だ」

 現在、動画には男を非難するコメントが多数寄せられているようだ。彼が本当に精神を病んでいるのかどうかは分からない。しかし、たとえ男が殺した動物が牛や豚などの家畜であったとしても、このように命を奪うことを楽しむような態度には、非難が集中することになっただろう。
(編集部)

関連キーワード

コメント

13:匿名2016年8月27日 01:33 | 返信

一撃で仕留めるなんてプロやん。食文化だしとりたての血がうまいと思う人は確かにいる。
犬(愛玩動物)というフィルターがかかってしまって感情が動かされてしまう人多いだろうな。

12:匿名2016年4月 2日 18:35 | 返信

イスラム国の処刑動画見て「うわっww痛そうwww」とか言ってる野郎に限ってこういう動画見ると「許せん」「狂ってる」「かわいそう」とか言うんだよなぁ。
狂ってるのはそういう奴らの感性だわボケが

11:匿名2016年1月 9日 22:25 | 返信

最初の犬が悲鳴をあげた時点でこれ以上見られなかった。
こんな者のために命が奪われるなんて・・・
あれは、人間の形をした悪魔だ!

10:匿名2015年9月 5日 00:39 | 返信

あちらでは普通なんですね。
畜産動物の命に敬意を払っていない行動を見る時、
私は上半身裸の男とは直接関わりたくないと考えます。

9:匿名2015年9月 4日 14:58 | 返信

猫きち最低だな

8:匿名2015年9月 4日 14:56 | 返信

猫きち最低だな

7:匿名2015年9月 4日 14:54 | 返信

猫吉最低

6:匿名2015年9月 3日 18:41 | 返信

まぁ、食文化はいろいろあるから、完全否定はできないけれど。これはキツイなぁ。

5:匿名2015年9月 3日 15:41 | 返信

一撃で気絶させてるしそんなにひどいと思わない
おいしいもの食べて笑顔になるって普通のことだろう

4:匿名2015年9月 3日 01:58 | 返信

頭おかしい…同じ人間と思いたくない。

3:匿名2015年9月 3日 01:56 | 返信

頭おかしい…同じ人間と思いたくない。

2:匿名2015年9月 3日 00:49 | 返信

おいしそう(#^.^#)
お腹すいてきたから夜食たべよっと(#^.^#)

1:匿名2015年9月 2日 21:23 | 返信

私は愛犬家だが、犬を食する文化を否定はできない。
しかし、この映像のような虐殺と見られるやり方には、腸煮えくり返る思いだ。
そもそもこういった映像を撮影する意図は何なのだろうか。
この映像に映る人物を、同じ手段で処したい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?