>  > 中学生が教室を爆破し動画UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

hanko_genba0902.jpg
犯行現場 『News 1』より

【日刊サイゾーより】

 韓国の中学生(15歳)が、自身の通う学校の教室でブタンガスを爆発させ、その動画をYouTubeに投稿した。体育の授業中だったため、教室内は無人で人命には被害はなかったが、廊下側の壁や窓が崩壊するなど校舎が大きく損傷した。事件を起こした少年は、学校を爆破した後も、周囲がパニックになっている様子を自身のナレーション入りで撮影し続けた。以下は、少年が動画に収録した音声の一部だ。

「僕がテロを起こしたのは3年7組、いや6組だったかな。いずれにせよ、煙が上がっています。現在、学校はパニックに陥っています。こうなると知っていれば、もうひとつくらいブタンガスを用意したのに……。おもしろいですね。みんな、右往左往しています。少し遠くに離れたアングルから、この場面をおさめに行ってきます」

 少年の“犯行声明”で興味深いのは、彼が自身の行為を「テロ」と呼んでいる点である。また、淀みなくはっきりと、“視聴者”を意識して丁寧にしゃべる声からは、非常に頭のよさそうな子という印象を受ける。また、動画の一部に写り込んだ少年の体格はひょろっとしていて、とても暴力的な不良少年には見えない。そのギャップが異様で、事件をより一層空恐ろしいものとしている。

 動画を撮影している少年はとても楽しげで、また興奮している様子だった。その動画が公開されるやいなや、韓国社会に戦慄が走った。ニュース番組などで事件の詳細を聞いた国民の多くは、中学生といえども厳罰に処すべきだと声を高めている。

 ネット上には「未成年という物差しは意味をなさない。厳罰に処すべき」「あの中学生は誰かを殺そうと思っていたことは明白。サイコパスなんじゃないか」「ひょっとしたら、多くの人が死んでいた。強力な処罰が必要」などの意見があふれている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。