>  >  > 本日(9月3日)、人類は滅亡します!残りの時間で救われる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
関連キーワード:

9月3日

,

予言

,

人類滅亡

,

終末

ThinkstockPhotos-459895405.jpg

「2012年12月23日に人類が滅亡する」というマヤ暦の予言には1,250日のズレがあったことはご存じだろうか? うるう年を計算に入れて再度滅亡の日を導き出したところ、その答えは2015年9月3日。今日であった。

 しかし奇妙なことに、2015年9月3日の人類滅亡では「アセンション」が騒がれていない。2012年時にはあれだけ騒がれた「アセンション」。これは日本語で「次元上昇」という言葉で説明され、「“目覚めた者”だけ人類滅亡の日に三次元から五次元世界に移行して生き延びることができる」という解釈で広まったものだ。“目覚める”とは「思いやりをもつ」「神(または集合意識)とつながったという感覚をもつ」「地球での任務を終了したという自覚がある」ということだったが、つまりは「今までと違うオルタナティブな感覚」を持つことで救われるのだと理解された。最後の悪あがきかもしれないが、もしかしたら、今日の滅亡でも「アセンション」すれば救われるかもしれない。以下にアセンション方法をお伝えしよう。


■2012年 実際にアセンションに向けて準備をしていた人々の具体的な行動

・瞑想をする
・カルマ・執念を解き放つ
・宇宙と調和する
・無欲になる

 などだ。ほかにも、2012年に実際に取材したのだが、都内のとある団地では「滅亡で生き残るための アセンション・ダンス」が開催されていた。それは指導者による指導のもと、「忘我の境地」へと至るためのダンスであった。足を高く上げたり、手首をやたらと動かす奇妙なダンスだったが、思いのままに体を動かせばOKなようだった。


■海外では

2012年、海外では6,500万円のカーボン繊維製「ノアの方舟/終末セット」(中国産)がバカ売れしたという報告がある。個人シェルターで滅亡を乗り切ろうというアイデアだ。ほかにも、ポジティブなエネルギーが充満している土地に逃亡し、滅亡から逃れようとする者。また、フランスでは、UFOが頻出する山に登り、そのまま宇宙船に乗って地球を去ろうとした者が大勢おしかけたせいで、村の人口が15倍にまで膨れ上がり、山も封鎖されるという珍事もあった。

関連キーワード

コメント

11:匿名2016年8月28日 18:46 | 返信

これが外れたら今度はいつにずれ続けるのか前もっていくつも紹介してほしいもんだ

10:匿名2015年9月 6日 17:22 | 返信

で?結局なにか起きたの?(´・ω・`)

9:匿名2015年9月 5日 00:09 | 返信

もー。こういうのいい加減にして欲しい。大地震が来るとか来ないとか、不安を煽るな!と思ってしまう。こういう記事読んでドキドキしてしまう自分が1番嫌なんだけどね。

8:匿名2015年9月 5日 00:02 | 返信

取るに足らない記事。

7:匿名2015年9月 4日 08:39 | 返信

何もなかった時はお詫びしたほうがいいかも。

6:匿名2015年9月 4日 00:36 | 返信

またガセか

5:匿名2015年9月 4日 00:30 | 返信

滅亡するする詐欺

4:匿名2015年9月 3日 17:27 | 返信

はいはい、何も起こるわけねーじゃん
(´・ω・`)バッカじゃね~の?

3:匿名2015年9月 3日 16:54 | 返信

wktk

2:名無し2015年9月 3日 16:34 | 返信

どうなるかなー?!

1:匿名2015年9月 3日 16:08 | 返信

生きたままの次元上昇って、ありえないんじゃないかと‥‥。
三次元が人間の世界で、四次元が霊界、五次元が宇宙人や神的存在の世界。

生きたまま幽霊飛び越えて、地球を飛び出して宇宙に飛んでいくなんて、ガンジー並みの修行をしても三千年はかかりそう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。