>  >  > 続々発見される超絶レアな深海モンスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 先月、石油会社が測量等調査目的で、メキシコ湾の深海約1000メートル地点に設置していた遠隔操作無人潜水艇(ROV)の好感度カメラに、驚くべき不思議な物体が映し出されていた。


■深海を漂う巨大クラゲ「スティギオメデューサ・ギガンティア」

 それは、専門家によれば1900年に初めて発見されて以降、100回程度の目撃数しかないという深海でも非常にレアな巨大クラゲの一種だ。クラゲの概念を変える、まさにエイリアンのような外見を持つこの生物の名前は、スティギオメデューサ・ギガンティア(Stygiomedusa gigantea)。ずっしりしたボリュームたっぷりの姿だが、頭部の傘の部分の直径が約1メートル、そして手足の触手部分は6メートルにも達するとか。深海の生態系において、最も巨大な無脊椎捕食生物のひとつではないかといわれているそうである。

stygiomedusa1.JPG
画像は「YouTube」より

 通常クラゲは無数の触手を持っているものもがほとんどだが、スティギオメデューサ・ギガンティアはたった4本のみ。しかもその触手は、長いだけでなく幅が広いのも特徴で、深海にひらひらと漂う様子は日本人的には「メデューサ」ではなく、まるで妖怪の「一反木綿」のような……?

stygiomedusa2.JPG
画像は「YouTube」より

 また、ほかのクラゲと異なり、毒を持っていないそうで、獲物を捕らえる際はこの帯のような触手で獲物に絡みつくのではないかと推測されている。

 メキシコ湾だけではなく世界中の海で生息している(北極圏のみ未確認)ようで、謎に包まれている部分も多いが、ダイオウイカのようにひょっとしたらそのうち、日本の海域にも上がってくることがあるかもしれない。

コメント

1:匿名2015年12月15日 14:26 | 返信

好感度カメラw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。