>  >  > 耳の穴で暮らす「ゴキブリ家族」を摘出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ゴキブリ

,

中国

,

医者

,

 人間の耳に害虫が湧いている光景を収めた恐ろしい動画は、過去にトカナでも多数お届けしてきた。しかし今回紹介する映像は、過去話題になった事例をさらに1ランク上回るグロテスクさに注目が集まっているようだ。早速、いま世界のネットユーザーを震撼させている、問題の動画をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より

 先月26日、中国メディア「人民网」などが報じたところによると、耳にゴキブリが巣食っていたのは広東省東莞(とうかん)市に暮らすリーさん(19)だ。ある夜、彼は耳に猛烈な痒みと痛みを覚えて病院へと駆け込んできた。そして診察に当たったヤン・ジン医師は、その耳を見て驚愕。なんと、外耳道が完全にゴキブリで塞がれてしまっていたのだ。

26cockroaches.jpg
画像は「YouTube」より引用

 すぐに医師はピンセットを用いて慎重にゴキブリを抜き取ったが、事態はそれだけで収束しなかった。なんと、次から次へとゴキブリの子どもが25匹も発見されたというのだ。周囲の温度にもよるが、ゴキブリの卵は産みつけられてから孵化するまでに24~70日間を要する。つまり、少なくとも母ゴキブリは4週間近く前にリーさんの耳に侵入し、そこで産卵していたということになる。

 一説によると、ゴキブリは何も口にすることなく数カ月間を生き延び、核爆発下でも命をつなぐことができると言われるほど強い生命力の持ち主だ。ゴキブリ一家にとっては、リーさんの耳の中など、心地よい棲家以外の何ものでもなかった可能性がある。25匹の子どもたちは、すでに蚊ほどの大きさにまで成長していた模様。

動画は「YouTube」より

「あと少しでも病院にやって来るのが遅れていたら、彼の耳はダメになっていたでしょう」(ヤン・ジン医師)

 医師の尽力によって、総勢26匹のゴキブリ一家はすべて取り除かれたようだが、それにしても、どうしてここまで気づかずに暮らすことができたのか? この種の映像が出現するたびに多くの人が抱くであろう謎は、いまも解明されないままとなっている。
(編集部)


参考:「人民网」、「The Daily Mirror」、「The Daily Mail」、ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?