• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
yamaguchigumi_150908.jpg
FNNフジニュースネットワーク公式サイトより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

「血の抗争勃発」「山一抗争再び」「拳銃、防弾チョッキ高騰」

 分裂騒動で揺れる山口組をめぐって、夕刊紙、スポーツ紙、週刊誌、ワイドショーなどが連日のようにこんな見出しで派手なニュースを報道している。山口組を離脱した組が、新たに「神戸山口組」を結成する動きが確実になったことで、30年前、317件もの抗争で双方に25人の死者を出し、警察官や一般市民なども含む70人が負傷したあの山一抗争が再現されるというのだ。

 司忍6代目組長が支配する山口組と、それに反発して離脱した山健組、宅見組などの神戸山口組がシノギと縄張りをめぐって、幹部のタマを取り合い、銃撃事件が頻発し、神戸やミナミ、そして新宿や赤坂でも血の雨が降る――。

 だが、ちょっと待ってほしい。たしかに、山口組が分裂状態になっているのは事実だが、今のところ「血の雨」どころか、一件の発砲事件も発生していないのだ。ほんとうにこんな恐ろしい状況なのか。長く暴力団取材を続けてきたベテラン記者も苦笑しながら、こう語る。

「もちろん、この先、シノギをめぐる小競り合いや跳ね上がりによる銃撃事件は起きる可能性はある。ただ、山一の時と違って、今は暴対法があるから。ちょっと派手なことをやったら、親分までパクられて、組はガタガタになってしまう。そんな状況で血の雨とか、山一抗争の再来とかはありえない。完全に情報が先行している」

 もっとも、この記者はこんな分析も付け加えた。

「ただ、この情報先行状態は、ヤクザが裏で情報戦をやってるから起きている部分がある。山口組も神戸山口組も自分のところに有利な情報をどんどん流して切り崩しを図っているんだよ。こういうやり方は今まではあんまりなかったんやないないかな」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。