>  >  > AKB48のテレビ出演は“バーター”だらけ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

AKB48

,

吉沢ひかる

,

指原莉乃

0909akbsashi_main.jpg
※イメージ画像:『第4回AKB48紅白対抗歌合戦』AKS

 “会いにいけるアイドル”として売りだされ、今や国民的アイドルとまで謳われるほどの地位を確立させたAKB48。彼女たちの出演番組を見ていると、本当に多種多様な番組に出演していることがわかる。

 このような状況は現場が希望していることなのか、またはAKB48側が希望しているのか、それとも何かしらの裏事情があるのか。業界関係者に話を聞いた。

「AKBメンバーたちは叩かれることも多いですが、需要はあります。そのため、番組サイドから出演のオファーをすることも多いです。最近では、指原莉乃が重宝されており、多くの番組が彼女を出したがっていますね。しかし、マイナーなメンバーに需要があるかといえば皆無です。そういう子が出ている場合には間違いなくバーターですね」(テレビ番組プロデューサー)

 バーターとは、とある人物を出す代わりに、同じ事務所やグループのメンバーを出演させることをいい、業界では多く見受けられる手法だ。これがAKB48にもあるというのだが、指原莉乃はひとりで番組に出ていることも多く、バーターがあるようには見受けられない。

「あからさまなバーターをして、同じ番組内にマイナーメンバーも出演させてしまうと叩かれるため、同じ放送局内で番組をまたぎバーターが行われているんです。たとえばフジテレビのある番組に指原莉乃を出した場合、同局の別番組にAKBのマイナーメンバーを出すというような形です。表向きにはバーターに見えないようにしているので、『どうして、ここに?』というような番組にAKBメンバーが出ているわけです」(同)

 たしかに、これでは気づかない。このようなバーターは多いのだろうか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。