>  >  > DNA鑑定の精度が問われた足利事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

DNAKANTEI13.jpg
精度が劣ったDNA鑑定を乱用したことが冤罪の遠因となった(写真は警察庁・科学警察研究所科警研のHPより)

 今回は精度の低いDNA鑑定の結果が冤罪の遠因となり、その後、最新のDNA鑑定によって無実が立証された足利事件について話そう。

 1990年5月12日午後7時頃、栃木県足利市内のパチンコ店から4歳の保育園児Mちゃんが行方不明になる。翌13日、渡良瀬川の河川敷でMちゃんの遺体を発見。同日夜、県警科学捜査研究所はMちゃんの半袖下着に付着した精液斑の血液型をB型と鑑定。11月末、警察は聞き込み捜査で内偵し、幼稚園バス運転手の菅家利和さん(当時45歳)の借家を訪問。捜査令状なしで室内を捜索し、勤務先へも刑事が聞き込みを行う。そして約1年間、菅家さんへの尾行が続いた。

 1991年3月、勤務先への刑事の聞き込みが原因で、菅家さんは解雇・失業。6月23日、尾行中の刑事は菅家さんが捨てたゴミ袋を無断で押収、使用済みティッシュを回収。8月21日、科学警察研究所(科警研)は半袖下着とティッシュをDNA鑑定。 8月28日、警察庁はDNA鑑定機器費用概算要求(1億1600万円)を大蔵省に提出。11月25日、科警研は半袖下着に付着した精液斑のDNAとティッシュのDNAの鑑定の結果、完全一致と報告した。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。