>  >  > 5kgのウンコを溜め込んだ便秘男!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ウンコ

,

便秘

,

手術

,

清水ミロ

,

 食の欧米化、運動不足、睡眠不足などにより現代人の体は今日、さまざまな病に悩まされている。中でも便秘は、日常に潜むさほど深刻ではないと思われがちな病だが、侮ってはならない。なんと宿便を5kgも溜めこんでしまった中国人男性がいるのだ。


■努力しても治らない!? 治療法の限られた便秘とは何か?

decadeconstipation1.JPG
South China Morning Post」の記事より

 中国の四川省成都市に住む男性は、過去10年以上にわたり体調不良に悩まされていた。激しい腹痛や便秘に耐えられず、複数の医師による診察を受けるが、誰もその症状が何なのか判断できずにいた。しかし、ついにその原因を突き止めた医師によると、信じがたいことに男性の腸内には約5kgの便が詰まっていたと言うのだ。医師はこの男性の症状を「先天性巨大結腸」と診断している。

 この病気は、腸内の動きをコントロールする神経節細胞が生まれつき欠如しているために排便が困難になる。遺伝子の突然変異により起こると言われているが、通常は生後すぐに発見されるケースが多い。治療法は人工肛門を造設するか、または神経節細胞のない部分を摘出し、正常な腸官と肛門部をつなぐ処置をする。ちなみに今回の男性患者は、手術後、無事に回復したと伝えられている。

 5kgの便も衝撃だが、さらに驚かされるのはその便が腸内で大きな塊となって、男性の心臓の位置をも動かしてしまったという事実だ。彼の場合は先天性であるということから、市販の薬や水分補給では効果がなく、手術による治療しか選択肢はなかったようだが、現在は心身ともに穏やかな暮らしを送っていることだろう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。