• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

のっぺらぼう

,

事故

,

手術

,

火傷

,

移植

,

顔面崩壊

 近年、社会に定着しつつある「移植医療」だが、顔面の移植となるとその実施例は極めて限られる。2005年にフランスで世界初の部分顔面移植手術が行われてから、まだ10年の歴史しかないのだ。2010年には、世界初の“全顔面移植手術”がスペインで行われ、その後もアメリカなどで続いたが、まだ数えるほどの例しか存在しない。今回はその中から、米国で行われた全顔面移植手術の詳細についてお伝えしよう。

FaceTransplant_4.jpg
画像は「BUSINESS INSIDER」より引用

 2011年3月、テキサス州フォートワース在住のダラス・ウィーンズさん(当時25歳)に対し、米国初となる全顔面移植手術が施された。建設作業員として働いていた彼は、高所作業車がふらついた時に頭が電線に触れて大ヤケドを負った。事故後は3カ月の昏睡状態に陥り、生死の境を彷徨ったという。

 22回の手術を経て何とか命は取り留めたものの、ウィーンズさんの顔面は完全に失われ、身体の別の部分から切り取った皮膚で全面が覆われることになった。口のほかは眼や鼻もなく、まるで“のっぺらぼう”のような平たい顔――。彼が人間らしい顔面を取り戻したいと切に願ったのは、当然のことだった。

FaceTransplant_2.jpg
画像は「ABC News」より引用

 そして満を持して実現した全顔面移植手術だが、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の医師や看護師、麻酔科医などで構成される30人のチームが、15時間以上をかけて行う大がかりなものとなった。ドナーから提供された顔面と、それを動かす筋肉と感覚神経がすべてウィーンズさんに移植されたのだ。手術直後の顔面には細かな切れ込みが多数存在したが、それが癒えた後、本人の顔面として90%機能するようになったという。しかし、ウィーンズさんによると、彼は単純に外見のためだけに手術を希望したわけではなかったようだ。

FaceTransplant.jpg
画像は「YouTube」より引用

「(そのままだったら)3歳の娘のキスを感じることができません。キスをお返しすることだってできないのです」(ウィーンズさん)

 また、全顔面移植によって呼吸や会話、食事、本人の社会性にも少なからず良い影響がもたらされるという。手術を執刀したボーダン・ポマハック医師は、

「さまざまな見地から、顔面はとても複雑な器官なのです。それらすべてに対応しようとしているわけです」
「患者の状態は良好です。経過もすべて順調ですよ」

 と語り、ウィーンズさんの手術は成功したと自信を見せている。ちなみに、手術が行われた具体的な日時は、ドナーが特定される恐れがあるため公表されていない。なお、アメリカにおいて顔面移植を行うためにはドナー本人のほか、その家族からの同意も必要となる。

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年9月23日 14:00 | 返信

昏睡状態~生死の境をさ迷い 戻って来て
生の有難みを知った者にしか解らないでしょうね。希望を持って生きるのは強さ。 

1:匿名2015年9月22日 23:24 | 返信

こういう顔面崩壊のニュース見るたびよく自殺せずに生きてるなと感心する。
植物状態でも無ければ動けるわけだし、家族置いてでも自分なら死ぬわ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?