>  > “ロシアの麻原”、逮捕される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1509_russiaasahara.jpg
『RT QUESTION MORE』より。

 ロシアで「私はクージャ神。キリストを創造した」など、理解に苦しむ言葉を発信していたアンドレイ・ポポフ容疑者が詐欺容疑で逮捕された。また、ポポフ容疑者を教祖とした新興宗教団体も摘発……と、ロシアのニュースでありながら、どこかで聞いたことがあるようなこの事件。やはり連想するのは、世間を騒がせた“あの死刑囚”のようだ。

 治安当局は“キリストを創造した神”と名乗るポポフ容疑者と、その教団を危険視し、信者への虐待容疑などで捜査を開始。去年の家宅捜索で約4億8,000万円相当の現金や、劣悪な状況下で飼育されていた大蛇や希少動物を押収するなど、教団の監視・摘発を強めていた。

 そして今月の家宅捜索により、モスクワの教団施設から約9,000万円相当の現金を発見。14日までにポポフ容疑者を詐欺容疑で逮捕した。なお、ポポフ容疑者は勾留にあたっての審問で「目がよく見えない」などと述べ、こちらもどこかで聞いたことのある“あの作曲家”を思い出させる。

 同ニュースを受け日本からは、「宗教なんてもんは、所詮は全部詐欺だろ」「自称神は宗教を使って、信者とセックスがしたいだけ」「騙される奴も相当マヌケだろ?」といった声と共に、「見た目が麻原じゃないか」「麻原の亜種」「はいはい、智津夫智津夫」という声が上がっている。声にある“麻原”“智津夫”とはご存知、“麻原彰晃”こと松本智津夫死刑囚のことである。

 それもそのはず。ロシア国内でも風貌などから、ポポフ容疑者を松本死刑囚に例えて報道されていた。また、信者への暴力や周辺住民とのトラブルが絶えなかったポポフ容疑者を教祖とする、“クージャ神のセクト”と呼ばれる新興宗教団体も、地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教のように危険視されていた。

〈オウム真理教〉を検証する: そのウチとソトの境界線

〈オウム真理教〉を検証する: そのウチとソトの境界線

しょーこーしょーこー しょこしょこしょーこー

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。