>  >  > 鬼怒川災害で救助の邪魔したキー局のヘリ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
0920kinugawa_main.jpg
※イメージ画像:「YouTube」より

「平成27年9月関東・東北豪雨」と気象庁が名づけた、茨城県の鬼怒川などに被害をもたらした大雨による災害。行方不明者の少しでも早い発見が望まれるが、この災害報道を巡ってネット上では物議を醸した出来事がある。それは各テレビ局が災害現場に飛ばしたヘリコプターからの生中継だ。

 当日、各局は現場上空にヘリを飛ばして生中継を行ったが、自衛隊や消防・警察によるヘリによる救助の邪魔との指摘も相次いだ。このような批判は今に始まったことではなく、東日本大震災や阪神淡路大震災でも同様のバッシングがあった。現場の人間はどのように考えていたのだろうか。そこには意外な事実があった。

「結論から言えば、我々現場の人間も飛ばしたくありません」

 こう話してくれたのは、とあるワイドショー番組のプロデューサーだ。

「東日本大震災のときも同じですが、水が街中を埋め尽くしている災害では、ヘリだけが唯一の救助手段です。そのため、ヘリによる救助の重要性は現場の人間ならば、これまでも批判を受けたこともあって、嫌というほど身に染みています。だからこそ、今回も現場の人間は各局が足並みを揃えて飛ばさないのがベストという意見でした。しかし、上層部がそれを許さなかったんです」(ワイドショープロデューサー)

 上層部の意向によってヘリが飛んだとのことだが、そもそもヘリを飛ばさないという意向は、どのような考えから生まれたものなのか。

「過去の批判もありますが、要救助者のSOSの声が報道ヘリの音によってかき消されて陸上で救助を行う隊員に悪影響が出る可能性もあります。また、放送局のヘリを救助ヘリだと思い込んだ要救助者が手を振ろうとして足を踏み外すなど、二次災害とも言える状況を起こしてしまう恐れもあるのです。東日本大震災では、実際そのような形でケガをさせてしまったこともあるので、今回は各局が躊躇したのです」(同)

 ネット上では救助の邪魔という意見が多かったが、それ以外にも事情があったようだ。

「誤解されていますが、音でSOSの声をかき消しているものの、物理的に報道ヘリが救助ヘリの救助を邪魔していることは無いのです。なぜなら救助ヘリは低空を飛びますが、報道ヘリはそれより数百メートル上を飛ぶ決まりになっているので、救助ヘリの運航そのものを邪魔することはありません。ただ、音で邪魔しているのは事実ですし、地上にいる人からしたら同じヘリですから、助けを求めようとするのは当然です。そのため、やはり遠慮するべきという意見が多くなっているのです」(同)

コメント

3:匿名2015年10月25日 10:46 | 返信

こういう時こそドローンを使用すればと思います。
普通ので駄目ならば全天候型に改造して報道用にすれば良いのではないのでしょうか。

2:匿名2015年10月23日 01:47 | 返信

NHKが映像まわさないって、おかしいだろ
結局NHKも例外なく、自分だけいい映像とって他局を出し抜こうという思考が一番で、人命は二の次
バラエティーの倫理とかより、こっちの倫理の方を優先して議論するべき

1:匿名2015年10月23日 01:45 | 返信

NHKが映像まわさないって、おかしいだろ
結局NHKも例外なく、自分だけいい映像とって他局を出し抜こうという思考が一番で、人命は二の次
バラエティーの倫理とかより、こっちの倫理の方を優先して議論するべき

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。