>  >  > AKB内で島崎批判を繰り返す指原、外部圧力…!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
関連キーワード:

AKB48

,

嶋崎遥香

,

指原莉乃

tatakawanai.jpg
※イメージ画像:僕たちは戦わない Type B【通常盤】 Single, CD+DVD, MaxiAKS

 年末のレコード大賞に向かって、レコード会社や芸能事務所が水面下で動き始めている。今年はこれといった大ヒット曲がない“本命無き戦い”と言われているが、去年に続いて、今年も三代目J Soul BrothersとAKB48の一騎打ちになりそうだという。

 AKB48は、12月で卒業する「グループ総監督」高橋みなみが花道を飾れるか、注目されている。ANAのCMソング『Summer Madness』か映画「アンフェア the end」の主題歌『Unfair World』で2連覇を狙うと見られている三代目JSBに対して、AKB48がどの曲を候補にあげるかが注目されている。

「本来であれば、AKB48はみんなで一緒に踊るディスコサウンドで指原莉乃センターの『ハロウィン・ナイト』で押していきたいところでしたが、売り上げがイマイチだった。特に発売2日目以降がまったく売れず、関係者も頭を抱えていたそう。指原は一般認知度は高いのですが、ファンの人数自体は他のメンバーと比べてかなり少なく、握手会の人気も低いため、CDの売り上げに貢献するタイプではないのです。結局、地味な曲ですが『僕たちは戦わない』で大賞を狙いにいくのではないか、と言われています」(芸能プロ関係者)

『僕たちは戦わない』のセンターは、“塩対応”で知られる「ぱるる」こと島崎遥香。実は今、AKB48内では指原と島崎との確執で“緊張状態”真っ最中だというのだ。

「島崎は“塩対応”キャラをいいことに、ツイッターや各メディアでぶっちゃけコメントを連発。持病の喘息を理由にパタリと1カ月休養したのに、パリでの映画仕事には出席するという自由奔放ぶりで、メンバーやスタッフからも白い目で見られています。指原は以前から、正統派アイドルのルックスでノースキャンダルと“処女説”も根強い島崎に対し、強烈なコンプレックスを持っていました。指原の唯一の強みは秋元康氏からの過度な“寵愛”ですが、島崎も秋元氏から、かなり大事にされていることも気に入らないのでしょ
う。最近はよく、スタッフや他のメンバーに対してしつこく島崎批判を繰り返していますよ。それを知った島崎も、頻繁に六本木や西麻布で飲み会を開く指原たちへの愚痴を周囲に漏らしているそうです」(同)

 上位メンバーの確執が絡んだ選曲問題もさることながら、『僕たちは戦わない』のレコ大受賞へはいくつもの壁がありそうだ。

 レコ大などの賞レースには無関係だと思われていた“あの”芸能事務所の圧力が、間接的にAKB48の受賞を遠ざけているという話もある。

関連キーワード

コメント

9:匿名2016年1月 6日 09:16 | 返信

まぁなぁ

8:匿名2016年1月 6日 09:11 | 返信

なるほどね

7:匿名2015年12月25日 00:24 | 返信

指原と島崎の関係性さえ知らないとは…あきれた三流記事。いや、こどもの作文。

6:通りすがり2015年12月24日 15:05 | 返信

AKBが、大御所のやり手ババア的になってしまったという事実だけは、明らか。
乃木坂の時代!

5:匿名2015年12月 9日 22:54 | 返信

ゴミ記事のせいで電気と時間の無駄にした。

4:匿名2015年9月27日 21:21 | 返信

恥ずかしすぎる...
これでお給料もらってるんですか?
想像だけで書ける記事だけでお仕事出来るのが羨ましいです。

3:匿名2015年9月26日 11:49 | 返信

信ぴょう性のない証言だけで構成されてる。凄いと思う。普通恥ずかしくて書けない

2:匿名2015年9月25日 10:31 | 返信

指原はぱるるを批判している訳ではないのでは?

1:匿名2015年9月24日 23:25 | 返信

筆者の厚顔無恥は業界の恥の極み

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。