>  >  > 身長47cmの小人が演じるカルト映画『ラットマン』の恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

天野ミチヒロ

,

小人

,

閲覧注意

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

rere-ratman.jpg

今回の映画『ラットマン』

 今年9月3日、身長54.6センチで「史上最も身長の低い男性」(18歳以上)としてギネス世界記録に認定されていたネパールのチャンドラ・バハドゥル・ダンギ氏が死去した(享年75歳)。

 このニュースを聞いてカルト映画好きなら思い出されるのが、1990年代に「世界一小さい男」として有名だったネルソン・デ・ラ・ロッサ主演の『ラットマン』だ。この作品はもともと1988年にイタリアで製作されていた低予算映画で、それをゲテモノ映画の配給で有名なアルバトロス・フィルム(2001年の『アメリ』が大当たり)が買い付け、1998年にビデオリリース。だが、それを最後に封印されたままとなっている。

 ラットマンを直訳すれば、「鼠人間、鼠男」だが、『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男とはまったく違っており、中米のマッドサイエンシストがネズミの精子をサルの卵子に結合させて生み出した遺伝子操作生物(ネズミザルって実在するけどね)。その容姿は、ネルソンに牙の入れ歯と作り物の爪を装着させて一丁上がり! という簡単なシロモノ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?